センコウガール(漫画)3巻12話ネタバレ感想とあらすじ!結末はどうなる?


無料で漫画を読む

↑漫画を完全無料で読めるのはここ↑

『センコウガール』漫画3巻12話を読んだので、あらすじ・ネタバレ感想・結末について書いていきたいと思います。

※ただいま、まんが王国にて先行配信中!

この作品は、書店でも購入出来ません。

まんが王国という、漫画が読めるサイトでのみ、先行配信されています。

これからネタバレを読み、

「面白い!」

と感じた方は、是非文章だけではなく、漫画で読んでみて下さい。

「ネタバレを見る前に、自分で漫画を読みたい」

という方は、下記より今すぐご覧いただけます。

まんが王国の詳細はこちら→まんが王国

他にも「ギルティ」「私の顔にさようなら」など、まんが王国でのみ先行配信されている作品は沢山ありますので、

試し読みしてみて「続きを読んでみたい」と思った場合は、合わせて購入し、読んで頂くと良いでしょう。

※今なら月額1000コース以上で5大特典「ポイントバッククーポン」「毎月使える半額クーポンなど」がついており、かなりお得です。

詳しくは記事の最後の「まとめ」で解説しています。

 

センコウガール(漫画)3巻12話のあらすじ

「消えろ消えろ消えろ消えろ消えろ消えろ消えろ消えろ消えろ消えろ消えろ消えろ消えろ消えろ!」

そいう念じながら民子は地面からはみ出していた手を踏みつぶしました。

何度も踏みつぶした後に、スコップを持ってきて土を上からかぶせます。

完全に埋め切った後は、周囲を飛んでいる蠅達に虫よけスプレーをかけました。

そして、心配そうに民子は後ろを振り向きます。

すぐそばに花壇がありました。

「花がやられちゃわないといいけど……」

と民子は心配そうに呟きます。

民子は今度はジョウロを持って来て花壇の花達に水をかけてあげました。

次の日、隼子は学校に登校してきませんでした。

英子に続いてだったので、クラスメイト達はどよめきます。

担任の先生は英子からは連絡があったと告げました。

家族を名乗る者から連絡があったのです。

先生は知る由もありませんでしたが、電話をかけてきたのは英子をかくまっている彼氏からなのでした。

そして、民子は今日も登校はしてきていますが、保健室に籠っています。

この民子の復讐が疑わしい状況にクラスメイト達が思ったのは

「面白くなってきた。」

です。

 

センコウガール(漫画)3巻12話のネタバレ

民子はまたしても過去の夢を見ています。

母親が彼氏の安藤を連れてきました。

安藤は好意的に民子に握手を求めます。

民子の母親は幸せそうでした。

しかし、安藤の気を引くためなのか母親は、年相応ではない痛々しいゴスロリファッションになっています。

民子は安藤を紹介された時の思い出の夢から覚めて、とても気分が悪そうな顔をしていました。

しかし、時刻が昼だと気がつくと民子は保健室を飛び出していきます。

民子が向かったのは曜子のいる中庭です。

曜子は今日もパンをたくさん食べていました。

「おとなりいい!?」

民子は曜子に聞きました。

曜子が承諾すると民子は曜子の隣に座ります。

しかし、民子の表情は不機嫌そうでした。

民子のイライラを察し、曜子はパンを差し出します。

パンを食べると民子の機嫌は治っていきました。

その時、曜子が

「三浦英子、早川隼子。あんたが名指ししてこの二人、ガッコ来てないのって、あんたのせい?」

と民子に聞きます。

民子は世間話でもするように

「そっ!私ね、殺そうとしたの!でも、なんか違うからやめちゃった!」

と言いました。

曜子は表情から動揺している様子ありません。

「あの時、私の名前も呼んだ。」

「次は私?私を殺したい?」

と相変わらず表情を変えないで曜子は聞きました。

民子はそれまでの笑顔から真剣な表情になり

「殺してもいいの?」

と聞き返しました。

曜子は

「いいよ。」

と答えます。

民子は立ち上がって

「海行こ。ガッコ、ブッチしよ。」

と言いました。

曜子は民子に従います。

その様子を忌々しい目で校舎の中から梨香が見つめていました。

 

センコウガール(漫画)3巻12話の結末

海に着くと民子は

「あんたさぁ、殺してもいいって事は死にたいって事?」

と聞きました。

曜子は

「さあ?」

と興味なさそうに答えます。

民子はナイフを曜子ののど元に突きつけました。

それでも、曜子の表情は変わりません。

そして曜子は

「私、本当に分かんないんだ。自分が生きたいとか死にたいとか。」

「考えようとすると頭痛くなるから考えない。だから食べて誤魔化すの。」

と言いました。

ナイフを下ろし民子は

「あんたって本当にからっぽなんだね。」

と言い、七子の事を思い出します。

「手、握っていい?」

と聞いて民子は曜子の手を握りました。

曜子は民子の手を握って

「熱い手……何かこっちに流れ込んでくるみたいな……気持ち良い……」

と思います。

その時民子は

「今ね、自分が欲しかった物がはっきり分かった気がする。」

「田辺曜子。私あんたが欲しいよ。」

と言いました。

 

センコウガール(漫画)3巻12話の感想

民子に呼ばれた(ターゲット?)最後の一人、曜子の話が始まりました。

曜子は民子とは別のベクトルで壊れているようですね。

そのせいか、意外と気が合ったのかもしれません。

元々、民子は曜子に興味深々な様子でしたが。

最も、名指ししているのですから興味を持っていて当たり前かもしれません。

そして、七子の親友の梨香もとうとう関わってくる様子です。

しかし、表情から最初の登場時の一般人っぽさが消えていますね……

民子の行動が普通の女の子をも変えてしまったのでしょうか?

 

まとめ

『センコウガール』漫画3巻12話のあらすじとネタバレ感想・結末についてまとめました。

続きの3巻13話を文章で読みたい方は、下記の記事より続きをお楽しみください。

※タップできない場合は、まだ記事が更新されていません。

センコウガール3巻13話はこちら→センコウガール(漫画)3巻13話ネタバレ感想とあらすじ!結末はどうなる?

また、

「面白そうだから一度自分で読んでみたい!」

という方は、下記のまんが王国からご覧いただけます。

まんが王国は会員限定で試し読みの量が増える作品が沢山あります。

また、今会員登録をすると、漫画を半額で購入できる半額券がプレゼントされるのです。

半額券を使えば、この作品も半額で読めちゃいますね。

ただ、半額券を貰えるキャンペーンはいつまでやっているか分かりませんし、もしかしたら明日終了するかもしれません。

半額券が貰えるうちに、まずはまんが王国に無料登録して頂くのをオススメ致します。

まんが王国の詳細はこちら→まんが王国

無料登録後「何ポイント購入しようか?」と迷ったときに最もオススメなのが「月額1000コース」です。

月額1000コース以上であれば、今なら豪華な5大特典が付いています。

 

特典1:ポイントバッククーポン

 

特典2:毎月割引クーポンプレゼント

割引クーポンは、半額クーポンだったり、全額割引クーポンだったりと、その時により変わります。

 

特典3,4,5:その他特典

以上の5大特典が付いています。

電子書籍に特化したサイトだからこそ出来るキャンペーンですね。

1つの漫画を全巻読もうと思えば、1000ポイントは消費すると思いますので、どうせ購入するのであれば、

「1000ポイント+5大特典」の付いた「月額1000コース以上」が圧倒的にお得です。

「それでも初めての購入は不安」な方は、月額300コース~取り扱っていますので、最初は「月額300コース」にして頂くと良いでしょう。

まんが王国の詳細はこちら→まんが王国

↓ついでに漫画を完全無料で読めるアプリもチェックする↓

無料で漫画を読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です