妊娠したら死にたくなった(漫画)2巻7話ネタバレ感想とあらすじ!結末はどうなる?【千夏の抵抗】

無料で漫画を読む

↑漫画を完全無料で読めるのはここ↑

『妊娠したら死にたくなった』漫画2巻7話を読んだので、あらすじ・ネタバレ感想・結末について書いていきたいと思います。

※ただいま、まんが王国にて先行配信中!

この作品は、書店でも購入出来ません。

まんが王国という、漫画が読めるサイトでのみ、先行配信されています。

これからネタバレを読み、

「面白い!」

と感じた方は、是非文章だけではなく、漫画で読んでみて下さい。

「ネタバレを見る前に、自分で漫画を読みたい」

という方は、下記より今すぐご覧いただけます。

まんが王国の詳細はこちら→まんが王国

他にも「ギルティ」「私の顔にさようなら」など、まんが王国でのみ先行配信されている作品は沢山ありますので、

試し読みしてみて「続きを読んでみたい」と思った場合は、合わせて購入し、読んで頂くと良いでしょう。

※今なら月額1000コース以上で5大特典「ポイントバッククーポン」「毎月使える半額クーポンなど」がついており、かなりお得です。

詳しくは記事の最後の「まとめ」で解説しています。

 

【スポンサーリンク】

 

妊娠したら死にたくなった(漫画)2巻7話のあらすじ

千夏は病室のベッドで朝を迎えました。

千夏の1日の始まりは、デイルームのテレビから流れてくる朝の連続ドラマの主題歌で知ります。

明るい未来を歌う爽やかな女性の歌声でしたが、千夏にとっては嫌な思い出でしかありませんでした。

その曲を聴くと、今でも吐き気を催すほど辛かったのです。

「体が大人しいうちに早くしなきゃ…」

と思いながら千夏が向かったのは、トイレでした。

閉鎖病棟に入院する際に持ち物検査に引っ掛からなかったエプロンを手にして、です。

「ギギっ…」

と音をたてながら、エプロンは千夏の首を絞めつけます。

「苦しいだけで意識は飛ばない…」

「体重のかけ方が間違っているのか?」

「どうしたら…」

千夏はトイレ内の手すりにエプロンのひもを結び、結び目の間に首を入れて体重をかけることで、自らの首を絞め、楽になろうとしていたのでした。

「死ななきゃ、早く、早く…」

 

妊娠したら死にたくなった(漫画)2巻7話のネタバレ

千夏が何事もなく、自我を保っていられるのは朝のみでした。

朝を過ぎると、足が勝手に動いたりと、自分の体はまるで言う事を聞いてくれず、使い物にならなかったのです。

自我を保っていられる朝のうちに、自殺を試みるのが、千夏の日課となっていました。

結局その日も自殺することが出来ず、病室に戻ると、声をかけてきた女性がいました。

その女性は、近所トラブルで思い悩み、自らの首を吊り、意識を失っていたところを旦那さんに発見され、何とか一命を取り留めたようでした。

しかし、病院内ではいつも明るく振舞っています。

また、薬の時間になったので、千夏は看護師の前で薬を飲み干します。

朝、昼、夕方、寝る前の4回、看護師の前で薬を飲み干す必要があるのでした。

薬を飲んでも効かなかった千夏は、頓服薬を貰いに、看護師の元に行きます。

しかし、すぐに用意が出来ない状態だったので、千夏の症状は酷くなっていきます。

千夏が苦しんでいる時に、同じく薬を待っている女性から「大丈夫?」と声をかけられました。

彼女は強迫性障害で入院しており、

「床にボタッと水滴があったの。これって感染すると思う!?」

と、極度に心配しては、パニックに陥っていたのです。

2人が歩いていると、

「おーい、おーい!」

と叫ぶ「おーいおじさん」の声が聞こえてきました。

「そのうち殺しておばさんも始まるね」

と、女性は言います。

このように、個室からは、毎日おじさんとおばさんの叫び声が聞こえていたのでした。

そんな声を聞いているうちに、千夏は息が荒くなってきます。

「治らない、ここにいても…」

「帰らなきゃ、早く、早く…」

そう言って、自分の病室へと戻っていきました。

しばらくして看護師が、

「お薬を持ってきました」

と、千夏がいる病室に入ると、看護師は

「何してるの!」

と叫びます。

 

【スポンサーリンク】

 

妊娠したら死にたくなった(漫画)2巻7話の結末

千夏は私服に着替え、自宅に帰る準備をしていたのです。

帰ろうとする千夏に、

「ちょっと待って。先生からは何も聞いてないし、あなた医療保護入院でしょ!?」

と言って、千夏を止めようとします。

それでも帰るのをやめようとしない千夏は、看護師からカギを奪い取ろうとして、暴れだしました。

騒ぎになっている所に、宇田川先生がやってきて、千夏にこう言いました。

「そんなことをしていると、ますます退院から遠のきますよ。」

「人間として扱ってほしいのなら、まず自分のベッドで大人しくする事を覚えなさい」

「今のあなたはまずそこからだ。それが出来ない人に施す治療なんてない」

そういう先生に対して、千夏は叫びました。

「おかしくなった人間には、何を言ってもいいと思ってるんでしょう!」

騒ぐのをやめない千夏に、宇田川先生は「仕方ないな」とつぶやきます。

しばらくして、千夏の様子を見に来た涼一は、ぐっすり寝ている千夏を見て、珍しいなと思っていました。

「いつも寝不足で辛そうだったし、少しはココにも慣れてきたのかも」

と思いながら、ふと千夏に打たれている点滴を見た涼一は、

「は、なんだこの処方!?」

「なんでこの薬が千夏に使われているんだ!?」

と、驚きを隠せないのでした。

 

妊娠したら死にたくなった(漫画)2巻7話の感想

7話を読み進めていくと、大病院の閉鎖病棟は、こんな状況が日常茶飯事なのか?

と、驚かされます。

全く患者に寄り添うことのない看護師と医師たち。

寄り添うステージに来ていないというのが、宇田川先生の言い分なのかもしれませんが、そもそも患者を人間として見ていないように感じます…

千夏はこれから、どんな病棟生活を送っていくのか?

また、千夏に処方された薬は一体何なのか?

無事、症状を克服して、病棟から出ることが出来るのか?

これからの展開に、注目していきたいですね。

 

まとめ

『妊娠したら死にたくなった』漫画2巻7話のあらすじとネタバレ感想・結末についてまとめました。

続きの2巻8話を文章で読みたい方は、下記の記事より続きをお楽しみください。

※タップできない場合は、まだ記事が更新されていません。

妊娠したら死にたくなった2巻8話はこちら→妊娠したら死にたくなった(漫画)2巻8話ネタバレ感想とあらすじ!結末はどうなる?

また、

「面白そうだから一度自分で読んでみたい!」

という方は、下記のまんが王国からご覧いただけます。

まんが王国は会員限定で試し読みの量が増える作品が沢山あります。

また、今会員登録をすると、漫画を半額で購入できる半額券がプレゼントされるのです。

半額券を使えば、この作品も半額で読めちゃいますね。

ただ、半額券を貰えるキャンペーンはいつまでやっているか分かりませんし、もしかしたら明日終了するかもしれません。

半額券が貰えるうちに、まずはまんが王国に無料登録して頂くのをオススメ致します。

まんが王国の詳細はこちら→まんが王国

無料登録後「何ポイント購入しようか?」と迷ったときに最もオススメなのが「月額1000コース」です。

月額1000コース以上であれば、今なら豪華な5大特典が付いています。

 

特典1:ポイントバッククーポン

 

特典2:毎月割引クーポンプレゼント

割引クーポンは、半額クーポンだったり、全額割引クーポンだったりと、その時により変わります。

 

特典3,4,5:その他特典

以上の5大特典が付いています。

電子書籍に特化したサイトだからこそ出来るキャンペーンですね。

1つの漫画を全巻読もうと思えば、1000ポイントは消費すると思いますので、どうせ購入するのであれば、

「1000ポイント+5大特典」の付いた「月額1000コース以上」が圧倒的にお得です。

「それでも初めての購入は不安」な方は、月額300コース~取り扱っていますので、最初は「月額300コース」にして頂くと良いでしょう。

まんが王国の詳細はこちら→まんが王国

↓ついでに漫画を完全無料で読めるアプリもチェックする↓

無料で漫画を読む
【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です