絶対可憐チルドレンの最新話524話ネタバレ感想とあらすじ!結末はどうなる?【黒い兄弟(4)】

週刊少年サンデー2018年第53号で連載された「 絶対可憐チルドレン524話(黒い兄弟(4))」を読んだので、あらすじやネタバレ感想、結末を書きたいと思います。

下記では、無料で漫画を読む方法をご紹介しています。

→漫画の最新刊も無料で読める方法はこちらをタップ←

→FODで漫画を無料読みする←

 

【スポンサーリンク】

 

絶対可憐チルドレン524話【黒い兄弟(4)】のあらすじ

真木の説得に兵部達はげんなりしていました。

他人ならともかく、真木に

「大人になりましょう!」

と言われると、心にささるのです。

しかし、兵部は真木の説得を聞き続けるのでした。

「大人ってのは僕の様なガキと違って忙しいんだよ。だから、しびれを切らす。」

と兵部は言います。

その頃、真木は幽閉されがらも、会社に電話で連絡を取っていました。

会社は真木がいない事から混乱しているようです。

これ以上、会社を放っておけないと思った真木は

「誠意はつくした。」

と呟いて、拘束具を破壊します。

 

絶対可憐チルドレン524話【黒い兄弟(4)】のネタバレ

その頃、パンドラの船に異変が起こりました。

マッスルと九具津が異常を確認します。

船のスクリューに大量の髪の毛が巻きついているのでした。

真木のカーボンによる攻撃で船は攻撃を受けていたのです。

カーボンが九具津を狙って攻撃してくると、マッスルが庇います。

九具津はマッスルに庇われて

「やめろ、そんな助け方!惚れたらどうする!」

と言いました。

すると、マッスルは

「あら、アタシは九具津君もカワイイと思ってるわよ?」

と言います。

九具津は

「カワイイとかやめて!」

と本気で嫌がるのでした。

 

【スポンサーリンク】

 

絶対可憐チルドレン524話【黒い兄弟(4)】の結末

カーボンは船の中の號八・伊へと伸びて行きます。

そして、號八・伊内部にいる、宇津美の人格へと到達しました。

「やはり、真木くんは乗船した時に仕込みをしていたんだね?」

「持ち込んだわずかな炭素繊維を、船体に忍び込ませていた……ってところかな?」

と宇津美は言います。

カーボンは真木の姿へと変貌しました。

「正確な位置さえわかれば、こんな船沈めるのはたやすい。」

「これは、大人になるための痛みって奴ですよ。」

真木はそう言って、宇津美を攻撃しました。

カーボンに貫かれて、宇津美の体は四散します。

 

絶対可憐チルドレン524話【黒い兄弟(4)】の感想

やはりというか、真木は攻撃を仕掛けてきました。

まあ、このまま平和的に説得を続けるわけがないですよね。

真木が、というよりもブラックファントムの方が。

しかし、兵部はブラックファントムが平和的な話し合いを続けるわけがないと呼んでいた様子です。

その割には真木を宇津美の元への侵入を許してしまっていますが……

これも、兵部の計画のうちなのでしょうか?

そもそも、人格データだけの宇津美にカーボンでの物理攻撃が通用するのでしょうか……

宇津美への攻撃はあくまでイメージで號八・伊を直接攻撃している可能性もありますが。

どちらにしろ、兵部の方に何も策が無いとは思えませんね。

それにしても、宇津美の前に現れた真木は、意識高いバージョンの方ではなく、ブラックファントムに洗脳されている感がありました。

真木本人も逃げる行動に移っていますが、攻撃したのは別の人格みたいに見えますよね……

真木の姿を借りたギリアムの可能性もありますが。

ギリアム本人が出てくる所を叩くのが兵部の作戦だったりもするのでしょうか?

 

まとめ

以上、「 絶対可憐チルドレン524話(黒い兄弟(4))」のあらすじ、ネタバレ感想、結末をご紹介しました。

やはり文章で読むよりも、絵で読める漫画の方が、物語は何倍も面白く感じます。

下記で、好きな漫画を無料読みする方法をご紹介していますので、読みたい漫画がある人は、下記の情報も合わせてご覧ください。

→好きな漫画を無料読みする方法はこちら←

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です