私の顔にさようなら6巻のネタバレ感想とあらすじ!結末はどうなる?

『私の顔にさようなら』漫画6巻を読んだので、あらすじ・ネタバレ感想・結末について書いていきたいと思います。

↓漫画を完全無料で読めるのはここ↓

※ただいま、まんが王国にて先行配信中!

この作品は、書店でも購入出来ません。

まんが王国という、漫画が読めるサイトでのみ、先行配信されています。

これからネタバレを読み、

「面白い!」

と感じた方は、是非文章だけではなく、漫画で読んでみて下さい。

「ネタバレを見る前に、自分で漫画を読みたい」

という方は、下記より今すぐご覧いただけます。

まんが王国の詳細はこちら→まんが王国

他にも「ギルティ」「妊娠したら死にたくなった」など、まんが王国でのみ先行配信されている作品は沢山ありますので、

試し読みしてみて「続きを読んでみたい」と思った場合は、合わせて購入し、読んで頂くと良いでしょう。

 

【スポンサーリンク】

私の顔にさようなら(漫画)6巻のあらすじ

美冬は自分の手首に当てたカッターを引こうとします。

しかしその瞬間、

「いい?誰よりも自分を大事にして。」

「どん底に落ちたって未来を諦めたりしない。今ある自分の全てを武器にして世の中を渡るのよ。」

と母の言葉が蘇りました。

皮肉な事に、美冬の自殺を止めたのは自分を捨てた母の言葉だったのです。

その後、美冬は家に戻る事もできず、東京で生活します。

浮浪者だった所を掃除会社に拾われました。

しかし、醜い顔のせいで掃除をしていてもトラブルが絶えません。

拾ってくれた掃除会社の上司は、美冬の言い分も聞こうとせずに叱りつけました。

そんな美冬を慰めてくれたのは同室に住む三佐代という女性です。

三佐代は法を犯した過去があるので顔を上げて生きていけない人でした。

そのため、美冬の人前に顔を出せない気持ちはよく分かるのです。

「それでも生きていれば、生きてさえいれば、きっといつか幸せな事がある。」

と三佐代は言います。

この話をする時に三佐代はいつも、息子の写真の大事そうに胸に当てるのでした。

この三佐代のおかげで家を飛び出してから5年間、美冬は生きてこれたと思っています。

何度も自殺をしようとした美冬を止めたのも三佐代なのでした。

 

私の顔にさようなら(漫画)6巻のネタバレ感想

ある日、仕事中に三佐代が泣き出しているのを美冬は見ます。

三佐代の前には若い男性が立っていました。

彼が写真の息子なのかと、美冬は思います。

三佐代を探しに来たのでしょうか?

その日、三佐代は先に仕事から帰っていました。

息子が迎えに来たのかもしれないと、美冬は思います。

美冬としては少し寂しいでしょうね。

まあ、事情を知っているので納得は出来ているのでしょうけど。

家に帰ると灯りは灯っていたので三佐代は帰ってきているようでした。

さすがに美冬に別れを告げてから去るつもりなのでしょうか?

家に入ると、三佐代は首を吊って死んでいました。

傍らには息子の写真と「生きててごめんね。」とだけ書かれた遺書が置いてあります。

一体、何があったのでしょうか?

息子は三佐代を迎えに来たのではなく、恨み事を言いに来ていたのかもしれませんね……

美冬はその場に座り込みました。

そして、三佐代の姿がいつか来る自分の姿なのかとも思います。

よりにもよって、自分の自殺を止めていた人が先に自殺してしまいましたからね。

しかし、美冬にはまだ心残りがありました。

それは自分の人生を狂わせた女たちへの怨みです。

希望よりも怨みが生きる糧としては強いのですね……

三佐代の骨を寺に預けた美冬が、家に帰ってくるとお客が来ていました。

美夏だったのです。

美夏は美冬が失踪した5年間、探し続けていたのでした。

母が見捨てても美夏は見捨ててなかったのですね。

 

【スポンサーリンク】

 

私の顔にさようなら(漫画)6巻の結末

美冬は美夏から桐生 伊織という名の医者を紹介されます。

芸能界では知る人ぞ知るスゴ腕の整形外科医でした。

桐生は美冬の顔を確認すると必要な金額を提示しました。

その額は途方も無い額で美冬には払えるものではありません。

桐生に

「おやめになりますか?」

と聞かれた時に美冬の脳裏に自殺した三佐代の姿が過ります。

美冬は桐生にすがり

「お願いなんでもする!なんでもするから私の顔を手術で治して!」

と美冬は叫びました。

美冬がつかむ腕の力強さに桐生は感心します。

そして、

「お支払いが厳しいようでしたら、しばらくわたしの店で働きなさい。」

と言って桐生は美冬に名刺を渡しました。

名刺には「エクリプス」と書かれています。

エクリプスいう店名は石からとったもので、石言葉は「人生の転機」でした。

桐生はさらに引き出しから仮面を取り出します。

「我々は場面場面でそれに相応しい仮面を装着して生きるものです。」

「ここから、あなたの新しい人生が始まるのです。」

と言って桐生は仮面も美冬に渡しました。

 

まとめ

『私の顔にさようなら』漫画6巻のあらすじとネタバレ感想・結末についてまとめました。

続きの7巻を文章で読みたい方は、下記の記事よりご覧ください。

7巻を今すぐ読む→私の顔にさようなら7巻のネタバレ感想とあらすじ!結末はどうなる?

「面白そうだから一度自分で読んでみたい!」

という方は、下記のまんが王国からご覧いただけます。

まんが王国は会員限定で試し読みの量が増える作品が沢山あります。

また、今会員登録をすると、漫画を半額で購入できる半額券がプレゼントされるのです。

半額券を使えば、この作品も半額で読めちゃいますね。

ただ、半額券を貰えるキャンペーンはいつまでやっているか分かりませんし、もしかしたら明日終了するかもしれません。

半額券が貰えるうちに、まずはまんが王国に無料登録して頂くのをオススメ致します。

まんが王国の詳細はこちら→まんが王国

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です