源君物語(漫画)最新話322話のネタバレ感想とあらすじ!結末はどうなる?【どっち?】

ヤングジャンプ2018年第49号で連載された「源君物語最新話322話(どっち?)」を読んだので、あらすじやネタバレ感想、結末を書きたいと思います。

下記では、無料で漫画を読む方法をご紹介しています。

→漫画の最新刊も無料で読める方法はこちらをタップ←

→FODで漫画を無料読みする←

 

【スポンサーリンク】

 

源君物語最新話322話【どっち?】のあらすじ

「葵の上、明石の方は源氏の君の子を身ごもって……」

それが香子の今回のシナリオでした。

つまり光海と明石に契ってもらう、という事です。

「簡単に言いますね……」

と言って美也は呆れました。

香子は

「そういう研究だ。」

と答えます。

その頃、明石に「何でもする。」と言われた光海は

「本当に何でもするんですか?」

と聞き返しました。

明石は頷きながらな生唾を飲み込みます。

 

源君物語最新話322話【どっち?】のネタバレ

光海は最初に

「性別どっちか分かります?」

と質問します。

明石は当たり前の様な顔をして

「男性ですよね?」

と即答しました。

光海は自分が男だと分かっているのに明石が「何でもする。」といった事に驚きます。

そして、光海は

「オレが男だって事、るりちゃんには黙っててくれませんか?」

とお願いしました。

るりは黒髭に騙されてから三ヶ月しか経っていませんでした。

その上、光海にまで騙されていたと知っていたら深く傷つくでしょう。

光海はるりをこれ以上傷つけないようにもう少し、女友達を演じるつもりなのでした。

「そんなんでええんですか?」

と言って今度は明石が驚く番でした。

 

【スポンサーリンク】

 

源君物語最新話322話【どっち?】の結末

納得のいっていない明石ですが、今度はるりに近づいて探りを入れます。

明石はるりが光海が男である事をすでに気付いているのではないかと思っていました。

しかし、光海の事を聞かれたるりは

「てるみさんは私の最強のお姉さまです。」

と笑顔で答えるのでした。

そのるりの後ろで凪子が笑っているのを明石は気が付きます。

そして、明石は凪子がるりの勘違いに気付いていて楽しんでいる事も察しました。

凪子がるりにバらすつもりがなさそうなので、光海との約束は守れそうだと安心しました。

そして、今回の件で光海が悪い人でないと明石は確信します。

「もっと、仲良ぉーなりたいわぁー。」

と明石は思うのでした。

 

源君物語最新話322話【どっち?】の感想

光海の要求は健全な物でした。

むしろ、ここでエロい要求をする光海は読者の求めるものではないですよね……

やはり、正当な方法で光海には明石を落として欲しいです。

そして、明石の方は覚悟を持って光海に「何でもする。」と言ったようですね……

光海が美形ですから、そのぐらいはいいとでも思ったのでしょうか?

結果的には紳士的だった光海の行動が明石の好感を上げたようです。

肉体的な面の近道は出来なかったものの、精神面では光海の行動は大正解ですね。

思ったよりも、明石を落とすのは簡単にいきそうです。

問題があるとすれば、秘密がある事でしょうか……

しかもお互いに秘密を共有することになりました。

この秘密を他の子に隠すために、恋の進展が遅れる可能性もありそうですね。

 

まとめ

以上、「源君物語最新話322話(どっち?)」のあらすじ、ネタバレ感想、結末をご紹介しました。

やはり文章で読むよりも、絵で読める漫画の方が、物語は何倍も面白く感じます。

下記で、好きな漫画を無料読みする方法をご紹介していますので、読みたい漫画がある人は、下記の情報も合わせてご覧ください。

→好きな漫画を無料読みする方法はこちら←

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です