ぼくたちは勉強ができない最新話86話のネタバレ感想とあらすじ!結末はどうなる?【最愛の星に[x]の名を①】

週刊少年ジャンプ2018年第49号で連載された「ぼくたちは勉強ができない86話(最愛の星に[x]の名を②)」を読んだので、あらすじやネタバレ感想、結末を書きたいと思います。

下記では、無料で漫画を読む方法をご紹介しています。

→漫画の最新刊も無料で読める方法はこちらをタップ←

→FODで漫画を無料読みする←

 

【スポンサーリンク】

 

ぼくたちは勉強ができない86話【最愛の星に[x]の名を②】のあらすじ

成幸が帰ってくると水希が出迎えます。

「ごはんにする?お風呂にする?それとも、わたし?」

と言って水希は、はしゃぎました。

しかし、成幸が文乃と一緒に帰ってきた事に気がつくと、水希の顔色が変わります。

家に入り、成幸は事情を家族に説明しました。

成幸の母は

「家族なのだからケンカもするでしょう。その良し悪しに口を出すつもりはないわ。」

「……でも、それはそれとして私の可愛い文ちゃんにひどい事言ってから!」

「無子の頭が冷えるまでいくらでも、ウチにいなさい!」

と言って承諾します。

そして、文乃は唯我家のお風呂を借りました。

何故か、水希も一緒に入っています。

水希は

「変な事は考えないでくださいね。兄はどちらかというと巨乳派ですから。」

と言って文乃を牽制しました。

中学生の水希に胸のサイズを負けて文乃は悔しくなります。

そして、水希が変な事を言ったせいで、成幸を意識してしまうのでした。

一緒に歯磨きをしたりして、まるで新婚のようだと文乃は思っては否定しています。

一方、成幸は空気を読まずに

「なんかコレ、新婚みたいだな。」

と言ってしまうのでした。

そんな成幸を文乃は

「何で言うの!何で言うの!」

と叱りつけます。

 

ぼくたちは勉強ができない86話【最愛の星に[x]の名を②】のネタバレ

夜になると、二人は並んで受験勉強を始めます。

成幸は

「ご両親とも数学者ってのは正直驚いたな。」

と言いました。

文乃は自分の母親の話をします。

文乃の母親は数学者の中でも特に天才だったそうです。

そのため、文乃の母の死を惜しむ人は多かったのでした。

特に父の嘆きようは深かったです。

そんな父を励まそうと幼い文乃は

「算数の宿題、上手に解けたの!お母さんみたいに!」

と言って算数のドリルを見せました。

文乃の父はそれを見て、文乃を叩いてしまいます。

 

【スポンサーリンク】

 

ぼくたちは勉強ができない86話【最愛の星に[x]の名を②】の結末

翌朝、受験勉強のせいで成幸と文乃は遅刻しそうな時間に起きてしまいました。

慌てて、駆け出す二人ですが、文乃は「二人仲良く」遅刻する事を嫌がります。

成幸の家でお世話になっている事をクラスメイト達に隠しておきたかったからです。

体育の時間になると文乃は下着の柄が昨日と同じである事を指摘されます。

勢いで成幸の家に来たので、下着の用意はしていないのでした。

「これはアカン……アカンでしかし!」

と思った文乃は、自宅に下着等を取りにきます。

成幸には荷物持ちとして手伝ってもらいました。

成幸は文乃の父親と鉢合わせにならないかと心配します。

文乃はこの時間なら父親はいないと予測しているのでした。

しかし、荷物を集めた所で玄関のドアが開く音がします。

文乃の父親が予想外の時間に帰宅して来たのでした。

とっさに二人は棚の中に隠れてしまいます。

「なあむしろ、この状態で見つかる方がはるかにヤバいんじゃ!?」

と成幸は小声で言いました。

 

ぼくたちは勉強ができない86話【最愛の星に[x]の名を②】の感想

ついに文乃とのドキドキ同棲生活が始まりました!

まあ、いい感じではあるのですが文乃は咄嗟に唯我家にきたので、服などの必要な物を用意していません。

特に問題なのは下着でしょう。

服は成幸の母や水希に借りれば最悪、何とかなるにしても、下着はサイズが……

本編で描写はないものの、ここでも水希の大きなブラを借りられない文乃は悔しい思いをしていそうですね。

そして、泊まるための道具をとるために帰って来た所で文乃の父と鉢合わせになってしまうとは……

しかし、すでに成幸の家に泊まる宣言はしているので、隠れる必要は全くないですよね?

文乃が顔を合わせたくないだけです……

成幸も言っていますが、文乃に巻きこまれて、見つかったら成幸はもっとヤバイ状況になりかねませんね。

結果的に二人ともピンチになってしまいましたが、このまま文乃の父親に見つからずにすむのでしょうか?

まとめ

以上、「ぼくたちは勉強ができない86話(最愛の星に[x]の名を②)」のあらすじ、ネタバレ感想、結末をご紹介しました。

やはり文章で読むよりも、絵で読める漫画の方が、物語は何倍も面白く感じます。

下記で、好きな漫画を無料読みする方法をご紹介していますので、読みたい漫画がある人は、下記の情報も合わせてご覧ください。

→好きな漫画を無料読みする方法はこちら←

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です