隣の悪女(漫画)最新話27話のネタバレ感想とあらすじ!結末はどうなる?【魅惑的な彼女】

ヤングジャンプ2018年第48号で連載された「隣の悪女最新話27話(魅惑的な彼女)」を読んだので、あらすじやネタバレ感想、結末を書きたいと思います。

下記では、無料で漫画を読む方法をご紹介しています。

→漫画の最新刊も無料で読める方法はこちらをタップ←

→FODで漫画を無料読みする←

 

【スポンサーリンク】

 

隣の悪女最新話27話【魅惑的な彼女】のあらすじ

現在、桐太は花音の部屋に住んでいました。

話は数日前に遡ります。

一緒に乗ったタクシーで花音は

「私も桐太君のアパートに泊まってもいい?」

と聞きました。

しかし、桐太のアパートはトイレもシャワーも共同で、女の子が泊まれるような環境ではなかったので、桐太は断ります。

花音はしゅんとしました。

そして今度は、

「じゃあ、桐太君が私の部屋に住むっていうのは?」

と聞きます。

その提案に桐太は薔薇色の同棲生活を想像しました。

しかし、すぐに妄想を振り払い、桐太は花音の部屋に住む事も断ろうとします。

なぜなら、花音の部屋の隣は亜里子の部屋なので、顔を合わせたら気まずいからです。

すると、花音は

「亜里子ちゃん、引っ越したよ。」

と言いました。

驚く桐太に花音は

「きっと、元彼との思い出の詰まった部屋に住み続けるのは辛いから……」

と続けて言います。

桐太は少し寂しく思いました。

 

隣の悪女最新話27話【魅惑的な彼女】のネタバレ

桐太は花音の部屋にやってきます。

花音は桐太の為に、骨折用のカバーを買ってきたりしておおはしゃぎです。

入浴中の桐太の風呂場に乱入したりして、花音は桐太を戸惑わせます。

そんな、いちゃついた生活の夜にはもちろん、二人はいいムードになるのでした。

花音は

「私、初めてなの。」

と言いました。

男性と付き合ったのも桐太が初めてだと言います。

桐太は美人の花音が付き合った事が無い事に驚きました。

そして、何人もの男が振られてきたのだろうとも思います。

桐太は

「いいの?」

と聞きました。

花音は

「桐太君がしたいなら、いいよ。」

と答えます。

そして、二人は初夜を迎えるのでした。

あっという間に日は流れて行きます。

二人の同棲生活はラブラブでした。

お風呂も仲良く入ります。

花音は恥ずかしがりながらも自分から桐太のお風呂に入ってきました。

「だって、洗いっこしたいんだもん。」

と花音は主張します。

食事では花音が

「あーん。」

と桐太の口に運ぼうとしました。

しかし、いつもの癖で自分の口に運んでしまい、二人で笑うのでした。

 

【スポンサーリンク】

 

隣の悪女最新話27話【魅惑的な彼女】の結末

夜になると、桐太は花音の胸の中で眠りにつきます。

花音はいつも桐太を撫でてくれました。

桐太の話を肯定も否定もせずに、ただ、静かに聞いてもくれます。

桐太がいるだけで幸せだ、好きだ、と花音は囁いてくれました。

桐太はここに安心感を覚えます。

何故なら、花音が理想の彼氏像を自分に求めてきたりはしないからでした。

「なら俺はもう、恋愛関係を維持しようと、相手の期待する方向に無理して合わせる必要はないんだな。」

「俺は俺のままでも花音ちゃんに愛されるんだ。」

「こんな恋愛は初めてだ……」

桐太は花音に感謝します。

夜中に目を覚ますと、目の前に無防備な寝顔を花音が見せていました。

その寝顔を見て、桐太は花音も自分に安心感を覚えていると実感します。

「花音ちゃんが安心できる場所が、ずっと俺のままだったら嬉しい。」

「そういられるように花音ちゃんの感情をもっと、大切にしたい。」

「それでもし、俺が一番の理解者になれたら、幸せだ。」

桐太はそう、願いました。

 

隣の悪女最新話27話【魅惑的な彼女】の感想

桐太と花音の同棲生活が始まりました。

甘々な雰囲気が、嵐の前の静けさといった感じで怖いですね……

しかし、二人の関係は裏を読まなければ理想的な同棲生活で羨ましいです。

この後、起こりそうな悪い予感を考えると、桐太になりたいとは思えませんけど……

それにしても、花音は自分の処女を桐太にあげるとは大胆な事をしますね。

処女に執着が無いのか、あるいはそれよりも大切な事なのか……

その想いはこれから判明していく事を期待します。

 

まとめ

以上、「隣の悪女最新話27話(魅惑的な彼女)」のあらすじ、ネタバレ感想、結末をご紹介しました。

やはり文章で読むよりも、絵で読める漫画の方が、物語は何倍も面白く感じます。

下記で、好きな漫画を無料読みする方法をご紹介していますので、読みたい漫画がある人は、下記の情報も合わせてご覧ください。

→好きな漫画を無料読みする方法はこちら←

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です