妖怪ギガの最新話ネタバレ感想とあらすじ!結末はどうなる?【小豆はかり】

週刊少年サンデー2018年第49号で連載された「 妖怪ギガ最新話(小豆はかり)」を読んだので、あらすじやネタバレ感想、結末を書きたいと思います。

下記では、無料で漫画を読む方法をご紹介しています。

→漫画の最新刊も無料で読める方法はこちらをタップ←

→FODで漫画を無料読みする←

 

【スポンサーリンク】

 

妖怪ギガ最新話【小豆はかり】のあらすじ

今回登場する妖怪は「小豆はかり」という妖怪です。

小豆はかりとは、民家の屋根裏で小豆をバラまき音を立てると言われている妖怪になります。

悪さはしないといおう話もありますし、悪さもしているという話もあるので、人間にとっては有害なのかどうかは物語によるようです。

さて、物語は民家に雨宿りのために若い女性が訪ねてくる所から始まります。

若い女性は家主の女性に雨宿りさせてくれた事を感謝しています。

一方、家主の女性は深刻な顔で鏡を覗き込んでいました。

家主の女性は寝癖が直らなくて困っていたのです。

若い女性は

「寝癖なら一度、濡らせば直ると思いますよ。」

とアドバイスしました。

早速、家主の女性は駆け出していきます。

家主の女性が向かったのは屋根裏でした。

屋根裏の一部を外し、雨の降る外に頭を出します。

そのせいで、家主の女性は髪だけでなく肩までビショビショになりました。

しかし、家主の女性は寝癖が直って満足そうです。

「ありがとう、いい事教えてくれて。あなた、人間にしては物知りね。」

と家主の女性が言うので、若い女性は少し、不審に思います。

 

妖怪ギガ最新話【小豆はかり】のネタバレ

髪型が直ると、家主の女性は忙しなく動き始めました。

そして、今度は二着の着物を持ってきます。

「ねえ、こっちとこっち、どっちの着物がいいかな?」

と家主の女性は聞きました。

一見すると、どちらも似たような着物です。

しかし、家主の女性は柄の大きさが全然違うと言いました。

若い女性は家主の女性の気分で決める事を提案します。

家主の女性は

「そうね、今日は雨で鬱々としているから……」

「せめて、私を見た者だけでも晴れ晴れとした気分にさせてやりたいかしら!」

と言いました。

若い女性がそれならばと、大きい柄の着物を選ぶと、人目を気にせず家主の女性はその場で着替え始めました。

そして、

「お勤めの時間が無くなっちゃう!」

とまた、忙しなそうに動きだします。

今度はお化粧の時間です。

化粧道具の多さに若い女性は感心しました。

家主の女性が

「全部、カラスやタヌキが拾って来てくれたものだけどね。」

と答えると、またしても若い女性は不思議そうな顔をします。

そして、化粧は終わり

「何とかお勤め時間に間に合った。毎日、ギリギリで困っちゃう。」

と家主の女性は言いました。

 

【スポンサーリンク】

 

妖怪ギガ最新話【小豆はかり】の結末

身だしなみの終わった家主の女性の美しい姿に、若い女性は惚れ惚れとしてしまいます。

そして、若い女性は

「でも、こんな夜分にそんなに身だしなみを整えて、どこへお勤めに行かれるのですか?」

と聞きました。

家主の女性は

「どこへって、私の勤める先は今も昔もここよ。」

と言って小豆をバラ巻きました。

彼女こそ、屋根裏で小豆をバラ巻く小豆はかりだったのです。

小豆はかりは誰にもバレずに小豆をばらまき、小豆を拾う事を勤めとしています。

しかし、小豆はかりは

「とてもやりがいのある仕事よ。」

と言いました。

小豆の落とし方でバラバラというと音は変わりますし、バラ巻いた小豆をすぐに回収しなければならないので、常に忙しないのでした。

若い女性は

「すごい大変そうなお仕事ですね……」

と言う一方で

「身だしなみは関係ないんだ……」

とも思うのでした。

 

妖怪ギガ最新話【小豆はかり】の感想

小豆はかり、と聞いて汚い小鬼の姿を想像したのは私だけではないのではないでしょうか?

似たような名前の有名な妖怪、小豆洗いも小鬼として描かれる事が多いですからね。

しかし、この漫画の小豆はかりは美人の女性として描かれています。

まあ、雨宿りに来た女性も、汚い小鬼が出てきたら御厄介にならなかったでしょうね……

そして、仕事は小豆はかりでも、身だしなみに気をつけるのが女性らしいですね。

女子力の高さと小豆はかりの仕事へのこだわりがギャップでより、魅力的に見えるかもしれませんし……

この小豆はかりなら、屋根裏にいても歓迎できますね。

 

まとめ

以上、「 妖怪ギガ最新話(小豆はかり)」のあらすじ、ネタバレ感想、結末をご紹介しました。

やはり文章で読むよりも、絵で読める漫画の方が、物語は何倍も面白く感じます。

下記で、好きな漫画を無料読みする方法をご紹介していますので、読みたい漫画がある人は、下記の情報も合わせてご覧ください。

→好きな漫画を無料読みする方法はこちら←

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です