社畜と少女の1800日最新話50話のネタバレ感想とあらすじ!

週刊漫画TIMES2018年10/26号で連載された「社畜と少女の1800日の最新話50話」を読んだので、あらすじ、ネタバレを書きたいと思います。

下記では、無料で漫画を読む方法をご紹介しています。

→漫画の最新刊も無料で読める方法はこちらをタップ←

→FODで漫画を無料読みする←

 

【スポンサーリンク】

 

社畜と少女の1800日最新話50話のあらすじ

受け入れるしかなかった別れの宣告…
何をどうすれば良かったのか、答えは今も出ないまま…

というメッセージから、物語はスタートします。

「来週から高井先生が復帰されます」

「病み上がりだから、あまり先生に迷惑をかけないようにな」

教室でクラスの先生が言いました。

そして先生は、高嶋頼子(たかしまよりこ)と内海サキに、職員室に来るように伝えました。

一体、何の話でしょうか?

 

社畜と少女の1800日最新話50話のネタバレ

2人は先生に呼び出され、

「何の用でしょうか?」

と疑問の様子です。
そこで、先生はある手紙を差し出しました。

なんと、君島優里から手紙を預かっていたのです。

優里は児童相談所に保護されてから、学校を転校していましたよね。

「優里がどこへ行ったか知ってるんですか!?」

2人は驚き、先生に訪ねました。

「いきなり転校なんて、納得出来ません!」

と、先生に訴えますが、

「君島は家庭の事情で転校が決まったんだ」

と、あくまで詳細は教えてくれないのでした。

2人は恐る恐る、ゆっくりと手紙を開けます。

そして、頼子が手紙を読み始めました。

「家の事情で急に引っ越すことになりました」

「スマホも手放すことになったので、今まで連絡も出来ずにごめんね」

「今は二人に会うことも電話も出来ないので、手紙を書きました」

「小さい頃から転校や引越しが多かった私にとって、2人は初めて出来た友達です。」

後は、寺田君のことでかばってくれたのが嬉しかったこと。

近くの高校に通って、また一緒に遊びたかったこと。

今回の事は全部自分が招いたことで、自分のわがままで、つぐないきれないほどの迷惑をかけてしまったこと…

などが書かれていました。

迷惑をかけた人たちに対して、どのように謝れば良いか、未だに分からず苦しんでいるみたいです。

手紙を読み、2人は言いました。

「私達、何も出来なかったよね」

「こういう時、中学生ってまだまだ子供なんだなって思う」

「家の事情じゃ、太刀打ちできないもん」

と。

そしてここで2人は、ある疑問を口にします。

「ここに書かれている大切な人って誰だろう?」

2人は、昔冗談っぽく言っていた、好きな人なんじゃないか?

と予想しました。

そして、2人も優里に手紙を出そうと決意します。

そして場面は、東根さんの仕事風景に変わります。

パソコンをカタカタし、忙しそうにしている東根。

そして作業が終わり、

「先生からOKが出たわよ!」

と、伝えに来たのは、東根の年下の上司、桐谷です。

年末年始のイベント分の仕事が完了し、皆で焼肉を食べに行こうと桐谷が提案しました。

そして、東根も誘います。

しかし、東根は

「今日はやめておく」

と告げた後、

「もしかしてこれから先生とデート?」

「優里ちゃんもいなくなった訳だし、もう彼女を堂々と家に呼べるじゃない」

と桐谷が言ってきたので、東根は、先生とは別れたことを告げます。

そして、会社を辞める事を告げたのです。

 

【スポンサーリンク】

 

社畜と少女の1800日最新話50話の感想

仕事が一区切りついたところで、東根は桐谷に別れたことを告げました。

さらに会社も辞めると告げた東根に、桐谷がどんな反応をするのか?

また、スマホも何も使えず、手紙しか連絡手段のない優里に、頼子とサキが手紙を出す事を決意します。

ここから、三人の関係はどうなっていくのか?

というのも、今後の見どころですね。

 

まとめ

以上、「社畜と少女の1800日の最新話50話」のあらすじ、ネタバレ感想をご紹介しました。

やはり文章で読むよりも、絵で読める漫画の方が、物語は何倍も面白く感じます。

下記で、好きな漫画を無料読みする方法をご紹介していますので、読みたい漫画がある人は、下記の情報も合わせてご覧ください。

→好きな漫画を無料読みする方法はこちら←

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です