ゴールデンカムイ(漫画)最新話177話のネタバレ感想とあらすじ!結末はどうなる?【長谷川写真館】

ヤングジャンプ2018年第47号で連載された「ゴールデンカムイ最新話177話(長谷川写真館)」を読んだので、あらすじやネタバレ感想、結末を書きたいと思います。

下記では、無料で漫画を読む方法をご紹介しています。

→漫画の最新刊も無料で読める方法はこちらをタップ←

→FODで漫画を無料読みする←

 

【スポンサーリンク】

 

ゴールデンカムイ最新話177話【長谷川写真館】のあらすじ

キロランケの過去……ウラジオストクで彼らは日本人と関わっていました。

名前は長谷川 幸一と言い、写真館を経営している写真家です。

長谷川はロシアの地元で知り合ったフィーネと結婚し、オルガという赤ん坊をもうけていました。

そんな長谷川にお客さんがやってきます。

キロランケ、ソフィア、ウイクルの3人です。

彼らが写真家の長谷川を訪ねてきたのは、写真を撮ってもらうためではありません。

日本人がウラジオストクにいると聞いて、日本語を教わりに来たのです。

長谷川は日本語に触れる懐かしさもあって、日本語の講師を引き受けます。

キロランケ達は近くの農家に潜伏しながら長谷川写真館に通うことになるのです。

 

ゴールデンカムイ最新話177話【長谷川写真館】のネタバレ

「皇帝暗殺逃亡から10年以上の逃亡生活……束の間の穏やかな時間だった。」

キロランケは長谷川との日々をそう、思い出します。

特にソフィアにはキロランケは弟のように可愛がられていたそうです。

そして、長谷川の前で3人はキロランケはフィリップ、ソフィアはゾーヤ、ウイルクはグレゴリーという偽名を使っていました。

長谷川はキロランケ達の日本語の上達力に驚かされます。

ただし、覚えの早かったのはキロランケとウイルクだけです。

ソフィアは「日本語には向いていない。」と長谷川は思いました。

日本語の勉強をしている時も唯一覚えた日本語

「ウンコ。」

を連呼して笑ってばかりいたのでした。

長谷川の話しを聞いたフィーネは

「日本人の物乞いだって日本語を話すでしょう?」

「彼女は日本語に興味がないのよ。」

と答えます。

フィーネに言われて、長谷川はキロランケ達を観察するようになります。

キロランケとウイグルは狩猟の能力を見せてしまい、貴族の階級ではない事を長谷川は指摘します。

逆に、ソフィアはとっさにフランス語が出てしまうとところから、農民の格好をしているが身分を隠していると思っていました。

そして長谷川はソフィア達が何者なのかは大体、想像がついている様子でした。

 

【スポンサーリンク】

 

ゴールデンカムイ最新話177話【長谷川写真館】の結末

この時代、ロシア貴族や知識人層の一部は農民の格好で、彼らの生活に溶け込んでいました。

君主制を倒すための啓蒙活動です。

しかし、農民とソフィア達のような革命家たちは価値観が違いすぎました。

農民にはロシア皇帝への信仰が根強く心の底にあったのです。

この崇拝を破るために皇帝が神の代理人ではなく、ただの人間だと証明する必要がありました。

そこで、キロランケ達は皇帝暗殺にまで、いきついたのです。

「俺たちはソフィア達過激派組織を利用したんだ。」

とキロランケは言います。

そして、話は回想に戻り、長谷川の手にはキロランケ達の手配書があるのでした……

 

ゴールデンカムイ最新話177話【長谷川写真館】の感想

キロランケ達の束の間の平穏の話でした。

長谷川という人物の存在が大きいですね……

しかし、この長谷川は現在、どうなってしまったのでしょうか?

そしてキロランケの正体に気付いた長谷川はどのような行動をとったのでしょう?

裏切って告げ口……

いや、そもそも騙しているのはキロランケ達の方なのですが……

何やら、長谷川が平和な家庭を築きあげているだけに、不穏な空気が感じられます……

 

まとめ

以上、「ゴールデンカムイ最新話177話(長谷川写真館)」のあらすじ、ネタバレ感想、結末をご紹介しました。

やはり文章で読むよりも、絵で読める漫画の方が、物語は何倍も面白く感じます。

下記で、好きな漫画を無料読みする方法をご紹介していますので、読みたい漫画がある人は、下記の情報も合わせてご覧ください。

→好きな漫画を無料読みする方法はこちら←

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です