ザコミック(漫画)最新話2話のネタバレ感想とあらすじ!結末はどうなる?

週刊少年ジャンプ2018年第47号で連載された「ザコミック最新話2話」を読んだので、あらすじやネタバレ感想、結末を書きたいと思います。

下記では、無料で漫画を読む方法をご紹介しています。

→漫画の最新刊も無料で読める方法はこちらをタップ←

→FODで漫画を無料読みする←

 

【スポンサーリンク】

 

ザコミック最新話2話のあらすじ

担当との打ち合わせを終えた姫川に電話がかかってきます。

「三田」と表示されたその人物は坂巻の写真を送ってきました。

姫川は坂巻を見ながら

「何故、あのシンボルがこの男の作品の中に描かれていたのか?」

と呟きます。

姫川は

「まあ、ちょっと遊んでやればすぐに逃げ出すだろう。」

「可哀想に。大人しく漫画描いてりゃいいのにね!」

と言って笑いました。

その頃、坂巻のネームに相持は驚愕していました。

それまで坂巻の作品が普通の恋愛漫画だったのに、ヒロインが魔法少女に変身してしまったからです。

坂巻は熱弁して、このテコ入れを相持に認めさせようとしました。

相持は坂巻が馬場と面会してから変わってしまったと思います。

坂巻は馬場が無実だと信じていました。

だから、馬場との共同作品であるこの作品で、馬場の語る声を知らしめたいと思ってます。

 

ザコミック最新話2話のネタバレ

帰り道、坂巻はカボチャの風船をたくさん見ます。

世間はハロウィンで盛り上がっているのでした。

坂巻はハロウィンにネガティブな感情ばかりを最近は持っていました。

部屋に吊るされた不気味な人形もそうですが、ハロウィン殺人事件が坂巻は特に思い浮かびます。

事件の謎を必ず暴こうと坂巻は決意を新たに帰宅します。

帰宅途中に坂巻はやけにカボチャの風船が多いと思いました。

そして、家に入ろうとすると玄関のドアノブに風船が大量に括りつけられている事に気がつきました。

風船は外に大量に飾ってあるカボチャと同じ形でしたが、外のカボチャ風船がニコニコ顔に対し、坂巻の玄関のカボチャ風船は禍々しい顔をしています。

坂巻は腰が抜けて

「狙われてる?オレ、何か悪い事した?」

と思いました。

坂巻はネットカフェに避難して美花に連絡します。

美花は心配して警察に連絡するように言いますが、坂巻は面倒くさがって連絡しません。

ところで、美花は姫川の生WEB動画を見ていた時に気が付いた事がありました。

それは姫川が坂巻の漫画を見た時に、一瞬表情が変わった事です。

そんな美花の心配も聞かずに、坂巻は馬場の描いたコマを見入っていました。

良く見ると、建物が矢印のようになっています。

矢印の示す先には「プリンスドール」「3」「97」という単語の入った看板があります。

いつの間にか口に出していた坂巻の単語に美花が反応しました。

プリンスドールとは姫川が4年前から連載している、デビュー作のタイトルだったのです。

坂巻はネットカフェから姫川のプリンスドールを探しました。

そして、プリンスドール、3巻、97ページを開きます。

そのページを見て、坂巻は驚きました。
 

【スポンサーリンク】

 

ザコミック最新話2話の結末

次の日、姫川のサイン会が行われていました。

坂巻もサイン会に来ています。

坂巻が姫川の前に姿を現すと姫川は驚きました。

しかし、坂巻に悟られらないように初対面を振舞います。

それよりも、坂巻は姫川に見せたい物がありました。

プリンスドール3巻の97ページです。

このページの背景は馬場の描いた背景にそっくりでした。

つまり、3年前に馬場は姫川のアシスタントだったのです。

 

ザコミック最新話2話の感想

この物語のテーマ通り、漫画で真相に近づいていますね。

しかし、姫川が犯人では安直過ぎるでしょう……

事件に何かしら関わっているのは間違いないですが。

それも、悪い意味ででしょう。

冒頭で、悪そうな顔で笑っていましたもんね。

その割には動揺がすぐに顔に出てしまって威厳がありません……

姫川の方も真犯人に何か騙されていても不思議ではありませんよね。

 

まとめ

以上、「ザコミック最新話2話」のあらすじ、ネタバレ感想、結末をご紹介しました。

やはり文章で読むよりも、絵で読める漫画の方が、物語は何倍も面白く感じます。

下記で、好きな漫画を無料読みする方法をご紹介していますので、読みたい漫画がある人は、下記の情報も合わせてご覧ください。

→好きな漫画を無料読みする方法はこちら←

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です