呪術廻戦の最新話32話ネタバレ感想とあらすじ!結末はどうなる?【反省】

週刊少年ジャンプ2018年第47号で連載された「呪術廻戦最新話32話(反省)」を読んだので、あらすじやネタバレ感想、結末を書きたいと思います。

下記では、無料で漫画を読む方法をご紹介しています。

→漫画の最新刊も無料で読める方法はこちらをタップ←

→FODで漫画を無料読みする←

 

【スポンサーリンク】

 

呪術廻戦最新話32話【反省】のあらすじ

山麓の温泉で漏瑚は休憩していました。

そこに、真人が全裸で乱入してきて、温泉に飛び込みます。

くつろぐ真人ですが、宿儺にやられた傷がまだ完治していない事を、一緒に来た夏油は見抜いていました。

真人は人質をとってはっきりと縛りを作るべきだったのではないかと後悔しています。

しかし、夏油は

「いや、縛りはあくまで自分に科すものだ。他者の介入や他者間との縛りは簡単ではないよ。」

と言いました。

宿儺と触れあった真人は、夏油のプランに賛成だと漏瑚に言います。

「指を全て集め、宿儺に献上する……か。」

「結果、儂らが全滅する事になってもだな。」

そう言って、漏瑚は笑いました。

漏瑚達にとっては自分達の無事でなくても、呪いが残っている事の方が重要だったのです。

そして夏油は高専から6本の指を回収する事を提案します。

漏瑚はその必要があるのか疑問に思いました。

しかし、夏油は高専が虎杖の力を計りかねていると言います。

最悪、虎杖が高専に消される可能性もあるのでした。

「手は打ってある。そのために手持ちの指を高専に回収させたんだから。」

と夏油は言いました。

 

呪術廻戦最新話32話【反省】のネタバレ

夏油達が次の計画を立てている頃、五条は暇そうにしていました。

七海に山手線ゲームをふったりしています。

七海は

「その調子で頼みますよ。今の虎杖君にはそういった馬鹿さ加減が必要ですから。」

と言いました。

五条は

「重めの任務をいくつかこなしてもらう。」

と言った時の重めが虎杖の精神的負担になるとはまでは、思ってもいなかったのです。

そして吉野の家にあった指は七海が、虎杖に気を使ってこっそり回収しておいたのでした。

五条ならば、虎杖に食べさせていた事でしょう。

話をしている内に、虎杖が二人の元にやってきます。

虎杖は深刻な話をしていたとも知らずに、高専の仲間たちとの再会を楽しみにしていました。

五条は死んでた仲間が生きていたというシチュエーションを、普通の再会で終わらせるのはもったいないと、虎杖にアドバイスします。

「やるでしょ。サプライズ。」

虎杖は五条のサプライズに乗せられてしまうのでした。

その頃、野薔薇は仲間が手ぶらである事に驚いていました。

野薔薇は京都に行くと思って旅行の準備をしていたのです。

しかし、「京都で姉妹校交流会」ではなく、「京都の姉妹校交流会」であり、野薔薇の勘違いで会場は東京なのでした。

野薔薇が去年勝利した自分の先輩達を理不尽に恨んでいると、京都校の面々がやってきます。

こちらに負けず劣らず濃い面子でした。

中にはメカまで混じっています。

京都校は去年、煮え湯を飲ませてくれた乙骨がいない事や、対戦相手が1年が二人もいる事に不満げなようです。

一触即発な不穏な空気が流れますが、そこに五条が駆け込んできます。

五条は台車で箱のような物を運んできました。

 

呪術廻戦最新話32話【反省】の結末

五条の持ってきた箱から虎杖が飛び出してきました。

これがサプライズで感動の対面を虎杖は期待します。

しかし、仲間の目は冷ややかでした。

京都校の方はお土産屋に行ってしまい、見向きもしません。

驚いているのは楽厳寺学長ぐらいです。

しかも、楽厳寺学長は

「糞餓鬼が!」

とご立腹な様子でした。

居たたまれない空気に虎杖は

「黙ってて、すみませんでした。」

と謝ります。

こうして、虎杖の命を賭したサプライズはスべって終わるのでした。

 

【スポンサーリンク】

 

呪術廻戦最新話32話【反省】の感想

嵐の前の静けさというか、交流会前のギャグ回で終わってしまいましたね。

とはいえ、虎杖は無事の合流出来て良かったのでしょう。

五条が余計な事をした感は否めませんが……

しかし、京都校は一癖ありそうです。

おまけに夏油達も何か仕掛けてきそうな様子があります。

ギャグの後は波乱のある展開になりそうですね。

 

まとめ

以上、「呪術廻戦最新話32話(反省)」のあらすじ、ネタバレ感想、結末をご紹介しました。

やはり文章で読むよりも、絵で読める漫画の方が、物語は何倍も面白く感じます。

下記で、好きな漫画を無料読みする方法をご紹介していますので、読みたい漫画がある人は、下記の情報も合わせてご覧ください。

→好きな漫画を無料読みする方法はこちら←

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です