新田佳浩のプロフィール 祖父との関係や嫁はいるのか?についてまとめてみた

平昌オリンピックが開催されて、盛り上がりましたね。

さて、平昌オリンピックが閉幕したら、次は平昌パラリンピックです。

ここでは、平昌パラリンピックのクロスカントリースキー・バイアスロン日本代表選手の新田佳浩の画像付きプロフィールの紹介。

そして、新田佳浩選手が結婚しているかどうか、嫁は誰なのかについてまとめていきたいと思います。

また、新田佳浩選手は祖父とエピソードが有名なので、それについても書いていきましょう。

 

【スポンサーリンク】

新田佳浩の画像付きプロフィール

下記より、新田佳浩選手のプロフィールを画像付きでご紹介したいと思います。

引用:http://www.jsad.or.jp/paralympic/pyeongchang2018/

新田佳浩選手が出場するクロスカントリースキー・バイアスロンのクラスは立位クラスです。

新田佳浩選手は3歳の時に「左前腕切断」という障害を負いました。

祖父が運転するコンバインに巻き込まれたそうです。

障害を負いましたが、翌年にはスキーを始めます。

そして、中学2年の時に出場した全国大会で荒井秀樹監督に声をかけられ、パラリンピックを目指す事になります。

パラリンピックには長野の頃から出場しており、特にバンクーバー・パラリンピックでは、金メダルを2枚も獲得しています。

このまま、平昌パラリンピックでも快進撃を続けて欲しいですね。

 

新田佳浩と祖父の関係性について

前述した通り、新田佳浩選手は3歳の頃に祖父の運転するコンバインと事故を起こし、左腕失いました。

しかし、祖父を新田佳浩選手は恨んではいません。

それどころか、祖父に負い目を感じさせないように、両親と決めて障害者手帳を申請していなかったそうです。

両親ともに祖父の事が大好きだったのですね。

しかし、新田佳浩選手は障害者スキーへの出場を決意します。

きっかけは荒井秀樹監督の説得でした。

祖父のせいで障害者になった事を否定するよりも、障害者として世界一になる道を選択したのです。

そして、新田佳浩選手は「おじいちゃんに金メダルを。」と思うようになりました。

その夢はバンクーバー・パラリンピックで実現します。

持ち帰った金メダルを祖父の首にかける新田佳浩選手。

祖父も本当に嬉しそうに孫の姿を見ている姿がTVに放映されました。

 

【スポンサーリンク】

 

新田佳浩は結婚して嫁はいるのか?

新田佳浩選手は既に結婚しています。

お相手のお嫁さんは知紗子さんという女性です。

すでに二人の息子がいるようですね。

新田佳浩選手は祖父の死後、競技への情熱を失いかけていました。

その新田佳浩選手の情熱を取り戻させたのが知紗子と息子さん達のようですね。

 

まとめ

新田佳浩選手のプロフィールについてまとめました。

新田佳浩選手には、平昌パラリンピックで是非メダルをとってほしいですね。

 

【スポンサーリンク】

1 個のコメント

  • パラリンピックがいよいよ開幕しましたね。まだまだ知名度を高めたいパラですが日本勢の活躍でアピールしたいところです!

    はじめて来ましたが興味のある話題が多くて他の記事も楽しませていただきました!
    他人の家族を「嫁」「息子」と呼ぶのは失礼だと思うのでそこだけ残念でした。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です