ただ離婚してないだけ(漫画)2巻ネタバレ感想とあらすじ!結末はどうなる?


『ただ離婚してないだけ』漫画2巻を読んだので、あらすじ・ネタバレ感想・結末ついて、書いていきたいと思います。

 

ただ離婚してないだけ(漫画)2巻のあらすじ

正隆は思い出しています。

萌との出会い、萌とのデート、萌との情事をです。

しかし、今はそんな楽しい日々を送った萌を絞め殺してしまったのでした。

混乱してい叫ぶ正隆をしり目に雪映は

「少し黙って!」

と冷静を取りつくろうとしました。

その時、正隆の携帯電話に非通知で電話がかかってきます。

雪映に促されて正隆は電話に出ました。

電話の相手は萌の彼氏を名乗る男です。

佐野と名乗った男は

「明日、池袋の東京ガストン夜9時に来い。」

「そこで萌も交えて話そうや。」

と言って電話を切りました。

その間も雪映は死体の処理を忙しなくしています。

罪の意識に耐えきれなくなった正隆は警察に自首しようと電話をかけました。

しかし、雪映がその電話を止めます。

雪映は

「私はこの子の未来を優先させたい。」

と言って、お腹をおさえました。

正隆は雪映に従う事にします。

こうして二人の人殺し共同生活が始まるのでした。

正隆は萌の死体を家の庭に埋めます。

その時の疲労で佐野との約束をサボってしまいました。

その事により、佐野から再び電話がかかってきます。

佐野は萌を妊娠させた事への慰謝料を請求してきました。

さらに佐野は正隆の車種を知っていたので、家もバれている可能性が出てきます。

正隆は佐野の素性を調べる必要があると考え始めました。

それから後、正隆達は雪映の実家に挨拶に行きます。

雪映実家には何事も起こっていないように振舞いました。

しかし、帰りに雪映の調子がおかしくなります。

正隆がつわりか?と思っていると

「私達、人殺しちゃったんだよね。」

「そんなんで子供産んでいいのかな。」

と言いました。

 

ただ離婚してないだけ(漫画)2巻のネタバレ感想

正隆は行方不明事件、捜索願いが出ていないかと定期的に調べるようになりました。

しかし、萌は親が放任主義だと言っていたので、その心配はなさそうなのでした。

とは言ってもまだ3日目ですから、まだ捜索願を出すには早いのでしょう。

今後も、常に捜索願を調べ続けるつもりなのでしょうか?

問題は佐野の存在です。

正隆の乗っている車種を知っていた事から家の住所がバレている可能性があります。

そして、電話の話し方から輩の可能性が高いので、いつ家に乗り込んでくるのか分からないのです。

その割には、次の日にでも来そうなものですが……

萌と合流してからと考えているのでしょうか?

そんな中、雪映は実家に一度帰ると言い出します。

まあ、今まで言い出さなかったのも不思議ですが……

殺人を隠すために協力しない時にと、正隆は雪映を引きとめようとしました。

主導権を握っているのは雪映の方ですしね。

言い争いになり、雪映は

「あなたが不倫しなければ殺す必要はなかった。」

と冷たく言って出て行くのでした。

殺人を隠す事を主導してやってはいたものの、正隆のせいだとずっと思っていたのでしょうね。

雪映の態度に正隆は不満を持ち、ビールを飲み続けます。

人殺しで絆が強くはならなかったようですね。

正隆が酔い潰れかけた時に、玄関を乱暴に叩きながら荒い声をだす人がいました。

佐野がついに家に来たのです。

正隆は動揺しつつも、雪映がいないタイミングである事を不幸中の幸いに思います。

むしろ、正隆一人で対処できるのかどうかという疑問もありますが……

話を付けようと、正隆は立ち上がりました。

ついに正隆が男を見せますか?

しかし、相手は危険な雰囲気がありますが……

次の瞬間、正隆は居間で横になっており、朝になっていました。

まさかの夢だったオチですか?

夢だったのか、酔い潰れてしまったのか正隆には判断がつきません。

酒の飲みすぎですね……

これ以上の不安をなくすために、正隆は萌のスマホを起動して佐野について調べる事にしました。

「虎穴に入らずんば虎子を得ず」と言いますが……

やぶ蛇の方のような気もしますね。

萌のスマホには佐野とのSNSでのやり取りが見つかります。

正隆はSNSを使い、萌になりすまして佐野の事を探る事にしました。

顔が見えないSNSってこういう時に便利というか、騙される側からしたら不便というべきか……

佐野をおびき出し、正隆は指定の場所へ変装して向かいます。

指定されたのはガールズバーでした。

萌の言っていた飲食の仕事とはガールズバーの事だったのです。

萌の正体を考えると、こちらの方がピッタリですね。

このガールズバーを調べたら、オーナーが佐野なのでした。

彼氏かと思っていましたが、店ぐるみの美人局のようですね。

正隆がガールズバーに入ると時間が早すぎたためにほのかという店員しかいませんでした。

まあ、美人局の相棒と打ち合わせなのですから、人のいない時間を指定して当然ですよね。

とりあえず、正隆はほのかに萌の事で探りを入れます。

ほのかは萌と仲が良かったようで、萌と連絡ができなくなっている事を心配しているようでした。

捜索願いを出すとしたら、ほのかでしょうか……

そんな話をしているうちに佐野がガールズバーに現れます。

見るからにいかつい男です。

むしろ、電話の喋り方から、予想通りですが。

佐野は萌との待ち合わせを信じてガールズバーにやってきた様子でした。

しかし、正隆と目が合っても特に何も言わずに、店を出ていきます。

萌が約束の時間に来なかったので、諦めたのでしょうか?

結構、多忙な男なのかもしれませんね。

心配の種が一つなくなったと、正隆は店の外に出て一息つきました。

そのとき、雪映の実家から電話がかかってきます。

雪映の母親から雪映が飛び降りたと伝えられました。

佐野と対決しようとしている時に、予想外の出来事ですね。

衝撃的すぎる話を聞き、正隆の頭が真っ白になった瞬間に、佐野が目の前に立ち塞がります。

悪い事は続きます……

佐野は正隆の事を気付いていたのでした。

あえて、店の外に出させたのですか……

安心しているところに鉄槌を加える主義なのでしょうか?

しかし、今の正隆は佐野よりも雪映の飛び降りの方が気になっていました。

まあ、男にとって一番守るべきものは愛する妻ですからね。

佐野を振り払って、正隆は雪映の元へ駆け出していきます。

 

ただ離婚してないだけ(漫画)2巻の結末

雪映は一命を取り留めました。

医師は妊娠うつだと診断します。

しかし、正隆だけは殺人によるストレスだと気付いていました。

病院から帰る途中、正隆は萌のスマホを失くした事に気がつきます。

失くした心当たりは、佐野と揉み合っていた時です。

さらに、家の前では佐野が待ち構えていました。

家の中に佐野は正隆と共に入っていきます。

そして、2階に向かう正隆に

「萌は2階にいるのか?」

と言いました。

予想通り、萌のスマホは佐野が拾っていたのです。

佐野は正隆が萌のスマホを持っていた事から、萌を殺したのではないかとも疑っていました。

佐野の指摘に混乱した正隆は佐野に襲いかかります。

予想外の行動に佐野は反応が遅れてしまいました。

そして、階段から突き落とされて頭を打って血を流し、倒れます。

萌に続き、正隆は第二の殺人を犯してしまったのでしょうか?

続きが気になる方は、下記の「まとめ」をご覧ください。

 

まとめ

『ただ離婚してないだけ』漫画2巻のあらすじとネタバレ感想・結末についてまとめました。

「面白そうだから一度自分で読んでみたい!」

という方は、FODというサービスで読むことが出来ます。

下記よりFODプレミアムに1か月無料お試し登録して頂き、初めに無料試し読みしてみてください。

FODプレミアムには、『ただ離婚してないだけ』以外に、無料で読める漫画などの種類も豊富です。

さらに、実は、全ての漫画を実質20%offで読むことが出来るので、どこよりも安く、あなたが読みたかった漫画を読むことが出来ます。

※購入後、購入したポイントの20%分のポイントが還元されるためです。

まずは無料試し読みをして頂き、実際に漫画を購入したくなった場合は、どこよりも安くお得に購入できるFODプレミアムにて、購入して頂くのをオススメします。

まずはFODプレミアムに1か月無料でお試し登録してみる→FODプレミアム ※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です