平昌パラリンピックのスノーボードの日程と日本代表選手をまとめてみた

平昌オリンピックが開催されて、盛り上がっていますね。

さて、平昌オリンピックの次は平昌パラリンピックです。

そこで、平昌パラリンピックのスノーボードの日程と日本代表選手について、まとめていきたいと思います。

 

【スポンサーリンク】

 

平昌パラリンピックのスノーボードの日程

スノーボードは以下のスケジュールで行われます。

  • 2018年3月12日(月) 10:30~17:00 男子クロス・女子クロス
  • 2018年3月16日(金) 10:30~16:55 男子バンクドスラローム・女子バンクドスラローム

なお、日程は変わる場合があるので公式サイト等を随時、チェックする事をおすすめします。

公式サイトはこちら→平昌パラリンピック公式サイト

 

平昌パラリンピックのスノーボード日本代表選手一覧

日本からスノーボードに出場する代表選手は計3名となっています。

  • 小栗 大地選手
  • 成田 緑夢選手
  • 山本 篤選手

 

【スポンサーリンク】

平昌パラリンピックスノーボードの注目選手

スノーボードで最も注目すべき選手は成田 緑夢香選手です。

成田 緑夢選手

引用:http://www.jsad.or.jp/paralympic/pyeongchang2018/

成田 緑夢選手は「腓骨神経左膝下まひ」という障害を患っています。

左足が全く動かない障害です。

先天的な物ではなく、2013年にトランポリンの練習中に事故を起こしました。

スノーボードの技術だけでなく、成田 緑夢選手はトランポリンの練習も並行して行っていたのです。

トランポリンの実力も高校時代に全国高校選手権の男子個人で歴代最高難度賞をとったりと、スノーボードに負けないほどの実力だったので、必要な練習だったのです。

障害を持つ前のスノーボードの実力は、長野オリンピックではスノーボードのデモンストレーターを務めたり、小学校時代には国際大会に出場した経験もあります。

2010年までにバンクーバー・オリンピック金メダリストのショーン・ホワイトが見せた新技「ダブルマックツイスト1260。」一発で決める技術も持っていました。

それだけにこの事故は悲劇的です。

しかし、成田 緑夢選手は決して絶望したりせず、次は障害者スポーツに全力を注ぐ事にしました。

その結果、ワールドカップで優勝できる程に、実力を伸ばします。

平昌パラリンピックは、この実力を最高の晴れ舞台で披露する時だというわけですね。

そして、成田 緑夢選手に注目する理由はもう一つあります。

成田 緑夢選手の兄は成田 童夢選手、姉は今井 メロ選手とどちらもトリノ・オリンピック出場選手です。

3人兄弟とも五輪に出場するとは……

3人目の雄姿が楽しみですね。

 

まとめ

平昌パラリンピックのスノーボードの日程と日本代表選手についてまとめました。

日本のスノーボード選手達には、是非メダルをとってほしいですね。

 

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です