死役所(漫画)12巻55話のネタバレ感想とあらすじ!結末はどうなる?


『死役所』漫画12巻55話を読んだので、あらすじ・ネタバレ感想・結末について書いていきたいと思います。

 

死役所(漫画)12巻55話のあらすじ

亜季保はのどの調子が悪くて家で寝込んでいます。

父親が「おーい大丈夫か?」と心配して声をかけてきました。

しかし、次に父親が言った「良かっただろ、生活保護受けといて。」という言葉に亜季保の心の方が抉られるのでした。

そして父親は出かけます。

亜季保は「どうせ、パチンコでしょ。」と呆れるのでした。

横になっていると、亜季保の頭の中を色々な思いが巡ります。

父親に「お前は今まで働いてきた分、堂々と助けてもらえればいいんだよ!」と生活保護を貰う事を説得されました。

父の説得に亜季保は納得などしませんでした。

しかし、最初の生活保護が振り込まれた時に、ホッとしたのが正直なところだったのです。

調子が戻り、起きた所を父親が帰ってきます。

父親は焼き鳥を買って帰ってきたので、「また無駄遣いしてー。」と亜季保は呆れました。

父親は焼き鳥だけを買って帰ってきたわけではありませんでした。

薬局に寄って必要以上に薬を貰ってきていたのです。

湿布などのドラッグストアでも変えるような物まで薬局で貰ってきていました。

亜季保は「無駄に病院に行ってるって思われたら……」と恥に思い言いました。

そんな亜季保の言葉を気にせずに父親は「お前の分の医療券も貰って来たぞ。」といって医療券を差し出すのでした。

亜季保は不満に思いながらも、医療券を受け取るしかありません。

 

死役所(漫画)12巻55話のネタバレ感想

亜季保は外出の準備をします。

生活保護の申請の為に市役所に行かなければならないのです。

亜季保のように病気している人間の元には市役所の方から来るものだと思っていました……

まあ、本当に動けない状態なら向こうから来るでしょうし、亜季保はプライドで自分から出向いているのかもしれませんね。

亜季保はお気に入りのブランドバッグに手を伸ばします。

しかし、生活保護を貰っている自分がブランドバッグを持って外を歩いていたら不正受給を疑われるのではないかと思ってしまうのでした。

まあ、ネットでも生活保護に対しての風当たりは冷たいですからね。

受給の日には生活保護者がパチンコ店の前に並んでいるなんて悪意のある書き込みを見た事がありますし。

結局、亜季保は地味な手提げ袋で外出することにしました。

窮屈ですね……

プライドを捨てれないからでしょうか?

自分の体調が良かった時は生活保護者を見下していたのかもしれません……

外を歩いている時も周りの目が気になります。

周囲から、

「誰が払った税金だと思ってんのよ。」

「娘さん、まだ若いのに。」

「父親はパチンコ三昧。」

「無駄に病院に行って。」

「恥ずかしくないのかしら。」

と噂されている声が聞こえてくるのでした。

これは亜季保の幻聴でしょうか?

ピンポイントな悪口すぎますし……

しかし、実際に言われていてもおかしくないのが辛い所ですね。

さて、亜季保は市役所について面談を受けます。

以前はハローワークで就職のための面談でしたが、今は生活保護費受給のための面談です。

市役所通いなのは以前とあまり変わっていませんね。

亜季保は職員に

「病院にほとんど行ってませんね。治す気あるんですか?」

「あなた病気で働けないから生活保護を受給しているんですよ?その自覚ありますか?」

「じゃあ、まずはちゃんと病院に行ってから就労してください!」

と手厳しい事を言われてしまいます。

父親は病院に行き過ぎですが、亜季保は病院を避けすぎなのですね。

しかし、職員は心配して言っているのかもしれませんが、今の亜季保には嫌味でしかありませんよね。

 

死役所(漫画)12巻55話の結末

ある日、亜季保は市役所に行く日になっても家から出ようとしません。

周囲の目、職員の小言、で精神的にまいってしまいました。

しかし、父親はこのままでは生活保護が貰えなくなって困るからと励まして、市役所に付き添って連れて行きます。

市役所で待っていたのは、いつもの小言を言う職員の男ではなく、安岡と言う優しそうな熟女でした。

父親は安岡が好みなのか照れています。

安岡は前任の職員と違い、

「比護さんは病気になる前にキチンと仕事をしていますね。きっと大丈夫ですよ。」

と優しく言ってくれるのでした。

生きる事に絶望気味だった亜季保に光明がさすきっかけとなるでしょうか?

 

まとめ

『死役所』漫画12巻55話のあらすじとネタバレ感想・結末についてまとめました。

「面白そうだから一度自分で読んでみたい!」

という方は、下記のまんが王国からご覧いただけます。

まんが王国は会員限定で試し読みの量が増える作品が沢山あります。

また、今会員登録をすると、漫画を半額で購入できる半額券がプレゼントされるのです。

さらに、無料で読める0円作品が豊富となっております。

無料で今すぐ読みたい方は、まずはまんが王国に登録してみてください。

まずはまんが王国に登録してみる→まんが王国

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です