死役所(漫画)10巻46話のネタバレ感想とあらすじ!結末はどうなる?


『死役所』漫画10巻46話を読んだので、あらすじ・ネタバレ感想・結末について書いていきたいと思います。

 

死役所(漫画)10巻46話のあらすじ

父の一周忌に直樹は母から、再婚する事を告げられます。

直樹の母は近所の人に勧められてお見合いしていたのでした。

相手は農家を営んでいるようです。

直樹が感心していると母は「それで、直樹はどうする?」と聞きました。

直樹は逆に「どうするって……どうすればいいの?」と聞き返しました。

母の再婚相手には息子が既に二人いて、すでに農家を一緒にしているようです。

母は「ここに残っても一緒に来ても直樹の好きなように決めていいわよ。」と言いました。

直樹は来年こそ東大に受かると考えます。

それに、知らない人と一緒に生活したくもなかったです。

そこで、母とは一緒に行かず、この家に残る事にしました。

母は「頑張ってね直樹。」と言います。

こうして、直樹の浪人生一人暮らしが始まりました。

 

死役所(漫画)10巻46話のネタバレ感想

直樹は勉強に明け暮れています。

東大ですから、生半可な勉強量では足りないのでしょう。

しかし、問題集に挑戦しても間違いが多いようですね。

この一部の場面だけでは断定できませんが、直樹は努力しても方法が悪くて実らないタイプに見えますね……

勉強しながら町の中を歩いていると、直樹はビラ配りにビラを渡されました。

そこに書いてあるのはネットカフェの宣伝です。

「コミク・漫画・雑誌読み放題!」

という宣伝文句に直樹は、

「へえ、読み放題だって。参考書とかもあるのかな。」

と思いました。

直樹はネットカフェを知らないのでしょうか?

ネットカフェは別に悪い場所ではありませんが、直樹の求めるような勉強する場所とも違うと思います……

そもそも、娯楽施設に参考書が置いてあるとは思えませんが。

直樹はビラ配りの人に「ここって勉強もできますか?」と聞きます。

するとビラ配りの人は、

「個室になってるんで。結構、泊り込んで勉強してる人もいるみたいですよ。」

と答えました。

寝泊まりする人は聞いた事ありますが、ネットカフェで勉強している人なんているのでしょうか……

そもそも、ビラ配りの人も適当な事を言っている可能性もありますね。

直樹は本に「環境を変える。」と書いてあった事を思い出し、ネットカフェに行ってみる事にします。

まあ、人生経験としては良さそうです。

しかし、のめり込んでしまったりしなければ良いのですが……

けっきょく、直樹にはネットカフェは合いませんでした。

狭い上に隣の人のいびきが気になって落ち着かなかったのです。

堕落しなかったから良かったかもしれませんね。

「合わなかった。」と知る事も人生の大切な勉強ですし。

直樹は改めて家で勉強するのが一番だと思います。

家に帰る道を進んでいると何やら焦げた臭いを嗅ぎとりました。

いつもと違う異変って、嫌な予感しますよね……

そして、直樹に気付いた近所のおばさんが話しかけてきました。

「えらいだよ、お隣さんが火事で。」

「あんたんとこも全焼!」

家が一番と思った矢先にこれですか……

気に入られなかったネットカフェの呪いみたいですね。

直樹は燃えて何もなくなった家の前で呆然とします。

参考書や模試の結果は焼けてしまいました。

何よりも父の遺影も焼けてしまったのです。

文字通り、全てを失ってしまったのですね……

しかも、自分の責任ではなく隣からの飛び火というのがやるせない点です。

いや、自分の失火でしたら、責任を追求されてもっとつらい思いをする事になりますか……

 

死役所(漫画)10巻46話の結末

家を失くした直樹は肌に合わなかったネットカフェで生活する事になってしまいます。

お風呂に入る事も出来ず、窮屈な思いを直樹はするのでした。

しかし、母を頼る気にもなりません。

母の再婚相手や再婚相手の家族等、知らない人と生活するのはネットカフェで寝泊まりするよりも苦痛だったのです。

そんな悩んでいる時に、直樹は人とぶつかって相手にコーヒーをかけてしまいました。

相手は見るからにガラの悪そうな相手で「このTシャツ、プレミアムもんだぞ!」と怒りだしました。

直樹は「どうすれば良いですか?」と相手に聞いてしまいます。

そして相手の言われるままにお金を渡してしまうのでした。

 

まとめ

『死役所』漫画10巻46話のあらすじとネタバレ感想・結末についてまとめました。

「面白そうだから一度自分で読んでみたい!」

という方は、下記のまんが王国からご覧いただけます。

まんが王国は会員限定で試し読みの量が増える作品が沢山あります。

また、今会員登録をすると、漫画を半額で購入できる半額券がプレゼントされるのです。

さらに、無料で読める0円作品が豊富となっております。

無料で今すぐ読みたい方は、まずはまんが王国に登録してみてください。

まずはまんが王国に登録してみる→まんが王国

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です