あせとせっけん(漫画)10話のネタバレ感想とあらすじ!結末はどうなる?


『あせとせっけん』漫画10話読んだので、あらすじとネタバレ感想、結末について書いていきたいと思います。

 

あせとせっけん(漫画)10話のあらすじ

麻子が名取を誘って、ふたりはラブホテルに入ってきました。

ラブホテルの内装に麻子は、

「どうしよう、本当にホテルにきちゃった……」

と少し後悔します。

麻子は緊張をごまかすように饒舌に喋り出しました。

「すごく綺麗な部屋ですよね。」

「旅行に来たみたい。」

「テレビも大きいし。」

「ベッドもフカフカ……」

そこで麻子は見つけてしまいます。

ベッドの脇にコンドームがある事をです。

改めてここが宿泊目的の普通のホテルと違う事を認識させられました。

そして、麻子は、

「とんでも無い事しちゃったような……」

と自己嫌悪に陥るのでした。

そんな麻子を名取は心配します。

そして、麻子がコンドームを見て硬直している事に気付くと、

「ああ、コンドームか。しかも、チョコレートの香りつきって……」

と言い、麻子の緊張を察します。

しかし、

「でも、誘ったのは麻子さんだよ?」

とも、名取は言うのでした。

麻子は黙って頷きます。

そして、名取は麻子に愛撫を始めました。

 

あせとせっけん(漫画)10話のネタバレ感想

麻子はいきなり愛撫を始めた名取に

「毎回で申し訳ないですけど、シャワーを浴びちゃ駄目ですか?」

と言いました。

いくら誘ったのが麻子ですからって、名取はちょっとがっつき過ぎですよね。

名取は

「いやです。もし、俺の匂いが気になるなら俺だけ浴びます!」

「それにこんなにいい匂いになってるのにもったいないでしょ。」

「こういう時だけの甘い匂い。」

名取がシャワーを浴びる時間を与えなかったのは、がっついているからとかではなく、あえて麻子の匂いを嗅ぎたいからでした。

まあ、匂いに惚れたのですから当たり前と言えば当たり前かもしれませんが……

しかし、もう少し麻子の気持ちも考えてあげても良いのではないでしょうか?

まあ男はこう言う時に紳士でいられない生き物ですからね……

何が何でもエッチしたいって気持ちが名取には匂いの方に向いているのでしょう。

それに匂いに敏感な名取は女性のフェロモンを嗅ぎ取っているかもしれませんね。

フェロモンは男を惹きつけるものですから。

そして、フェロモンが出ているという事は、麻子も拒んではいないのかもしれません。

まあ、本気で嫌がっている様子もないですしね。

麻子は、

「ずるいですよ。そうやって見透かしているような。」

と言います。

やはり、名取に匂いを嗅がれて嫌な気はしていなかったようですね。

まあ、匂いも褒められていますし。

名取は

「見透かしてなんていませんよ。」

「こないだみたいに悲しい気持ちを嗅いでいるときは、ソワソワしますし……」

「でも、こう言う時の匂いはちゃんと気持ち良くなってくれているんだなってわかって嬉しいから。」

「いくらでも、嗅いでいられますね。」

と言います。

男性の姓の喜びは、女性が気持ちよくなっている事が分かる事と言われていますから。

その点で考えると、名取の能力は男の性欲に最高のエクスタシーなのではないでしょうか?

本当に見透かしている、心を読んでいるみたいですね……

まあ、相手が感じていない事もわかってしまい、辛い面もある能力かもしれませんが。

いや、相手の心を見透かるのであれば、相手を気持ちよくできないなんて事はないかもしれませんね。

名取は麻子の甘い匂いを

「麻子さんが幸せを感じている時の匂いに似ていて、それと同じくらい好きだな。」

と言います。

相手を気持ちよくさせる事に性的なエクスタシーを感じるのが男なら、相手を幸せにする事に使命感を持つのも男ですね。

名取は男のサガをストレートに口にしているのかもしれません。

麻子は自分が幸せな匂いを出している事に納得します。

なぜなら、名取とエッチしている時はとても、幸せを感じているのでしたから。

だからこそ、ラブホテルに麻子は誘ったのでしょうね。

別に性欲を満たしたかったエッチな子というわけではないでしょう。

まあ、幸せを満たすのと性欲を満たすのは同義なのかもしれませんが……

エッチな時の匂いと幸せを感じる時の匂いは似ていると名取は主張していますしね。

 

あせとせっけん(漫画)10話の結末

麻子は昨日のホテルでの事が夢のようで、会社で仕事が身に入りません。

そんな状態で上司が急に話しかけてきました。

しかも「ホテルの事なんだけど……」とです。

麻子は思わず、ひっくり返ってしまいました。

上司は麻子がどうしてそんなに、驚いているのか逆に驚きます。

タイミングが良かったというか悪かったというか、上司がホテルの話題をふってきたのは偶然でした。

別に麻子と名取がホテルから出てくる事を見ていたというわけではなかったのです。

では、どうして上司はホテルの話題をふったのでしょうか?

これは次回からの展開に関わってくる事になります。

ここまでの展開を漫画で読みたい方や、続きが気になる方は「ebookjapan」からご覧いただけます。

今なら無料会員登録をしただけで、300ポイントがプレゼントされるキャンペーンを実施しています。

この作品は1話100ポイントなので、3話分無料で見ることが出来ちゃいます。

キャンペーンが終わる前に無料会員登録して頂き、早速「あせとせっけん」をご覧ください。

『あせとせっけん』をebookjapanで読む→ebookjapan

 

まとめ

『あせとせっけん』の10話のあらすじとネタバレ感想、結末についてまとめました。

実際に漫画で読みたい方は、下記の「ebookjapan」でのみ、読むことが出来ます。

『あせとせっけん』をebookjapanで読む→ebookjapan

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です