金魚妻(漫画)4巻のネタバレ感想とあらすじ!結末を予想してみた


『金魚妻』漫画4巻を読んだのであらすじ・ネタバレ感想について、書いていきたいと思います。

また『金魚妻』漫画4巻の結末の予想もしていきましょう。

 

金魚妻(漫画)4巻のあらすじ

漫画「金魚妻」は一線を超えた妻たちを描いたオムニバス形式の物語です。

4巻に収録されているのは「又鬼妻」「見舞妻2」「帆走妻」「金呉妻4」の4編となっております。

最初に収録されているのは25歳のデリヘル嬢、宍戸 もみじを主役とした「又鬼妻」です。

東北の雪山にマタギの一家が住んでいました。

今日は節分の日なので豆をまきます。

しかし、この地方では「鬼は内~鬼は内~。」と言って豆を投げるのです。

その光景を出身の違うもみじは不思議そうに見ていました。

節分が一段落した所で、マタギ一家の一人息子、賢が「寝る。」と言って立ち上がります。

それを見たもみじは「えーもう?お姉さんと一緒にお風呂入ろうよ。」と誘惑しました。

すると父親が「賢は明日、狩りだから。」と叱りつけます。

もみじは「あ、エロい事しちゃいけないんだ。」と納得しました。

マタギ達は奥さんの事を「山の神」と言って恐れています。

他の女の匂いをつけて奥さんの元に帰るわけにはいきません。

そのため、マタギ達は山に狩りに行く時は禁欲するのです。

 

金魚妻(漫画)4巻のネタバレ感想

もみじはマタギの父親と平然とエッチな話をします。

それもそのはず、もみじはデリヘル嬢なのです。

そんなもみじが今、マタギ一家と暮らしているのはある日突然、父親に弟子入りしたからでした。

賢が初めてもみじを見たのは父親とお風呂に入っている姿でした。

つまり、デリヘルで呼んだのが最初なわけですね。

父親は「俺はこの娘を村一番の「狩りガール」にする。」と宣言します。

デリヘルの合間の話で狩りの事で盛り上がったのでしょうか。

狩りに興味を持つ女の子は珍しいですね。

だからこそ、父親はもみじを弟子入りさせたのでしょうけど。

それにしても、格好良く、

「俺はこの娘を村一番の「狩りガール」にする。」

といったものの、デリヘルのプレイ後の裸ではしまりませんね。

最も、体を洗っただけみたいでプレイは終わったそうですが。

奔放な父親に賢は叱りつけようとします。

すると父親は賢を制して

「最期ぐらい好きにさせろ。」

「余命一年、俺の好きにさせてもらう。」

と言いました。

デリヘル嬢を弟子入りさせた事よりも、こっちの方が衝撃ですね……

しかし、最後の一年をデリヘル嬢の弟子入りで良いのでしょうか?

もみじの事情に何かありそうです。

次の日、賢と父親は狩りに山に入りました。

もみじも一緒です。

もみじは女ですが、やまに入っても良いのでしょうか?

山の神にとってはマタギの娘は自分の娘ぐらいに思えたりするとか……

そもそも、山の神を妻に例えるのは男のマタギの解釈ですからね。

人によって山の神の解釈は変わるかもしれません。

もみじは初めての狩りに感心しつつも、殺される獲物に「何か可哀想。」と同情します。

それを聞いて賢は「じゃあ、やめろ。」とぶっきらぼうに言いました。

賢はどこか、もみじに冷たいですね。

もみじに猟師になった理由を聞かれても無視しますし。

もみじが、というよりも父親が女の弟子をとった事に納得がいっていないのでしょうか?

納得いかなくても「余命一年」の一言で反対意見を潰されていますし……

賢が猟師になった理由は、父親すら聞いていないそうです。

父に憧れて猟師になったのを話すのが恥ずかしいとかでしょうか?

賢の複雑な面持ちを見ていると何か深い事情がありそうですが……

賢はもみじに「そっちは何でヘルスやってんだ。」と聞き返します。

もみじは平然と「お金の為。」と答えました。

まあ、お金が稼げなければヘルスをやりたがる人はいませんよね。

しかし、あっさり答えすぎて何か含みのようなものを感じさせる言い方です。

賢ももみじも今の職業に何か深い事情を思わせます。

 

金魚妻(漫画)4巻の結末の予想

「又鬼妻」はこれまでの物語と違って、妻ではなくデリヘル嬢が主役の物語ですね。

賢と恋仲になっても、不健全な要素はありません。

しかし、妻が一線を超えるのが金魚妻シリーズです。

もみじが人妻だったりするのでしょうか?

人妻でもデリヘル嬢なのですから、浮気の背徳感はありませんね……

むしろ、物語の主題となるのは賢の妻の方の話になりそうです。

賢を捨てた母親にはどのような結末が待っているのでしょうか?

もみじとの対比もありそうですね。

 

まとめ

『金魚妻』漫画4巻のあらすじとネタバレ感想・結末についてまとめました。

「面白そうだから一度自分で読んでみたい!」

という方は、下記の「U-NEXT」からご覧頂けます。

U-NEXTは最初の1か月間無料でお試し出来るだけではなく、今なら登録時に600ポイントをプレゼントされます。

その600ポイントを使えば『金魚妻』を無料で読むことが可能です。

無料で今すぐ読みたい方は、まずはU-NEXTを1か月無料でお試ししてみてください。

まずはU-NEXTに1か月無料でお試し登録してみる→U-NEXT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です