リスキー復讐は罪の味(漫画)3話と4話のネタバレ感想はこちら!


『RISKY(リスキー)復讐は罪の味』漫画の3話と4話を読んだのでネタバレ感想を書いていきたいと思います。

 

リスキー復讐は罪の味(漫画)3話のネタバレ感想

ひなたの回想から始まります。

ひなたの目の前では、女性が点滴を受けながら寝そべっていまそた。

女性は「赤ちゃん……いなくなっちゃった。」と呟きます。

ひなたはその言葉を聞いて涙を流すのでした。

これがひなたが美香を狙う動機でしょうか?

美香の男関係でしょうね……

話は現在に戻り、美香はエコー写真をゴミ捨て場に投げ捨てます。

昨夜は悲鳴をあげたものの、まだ強気ですね。

あるいは一晩たって冷静になったのでしょうか?

冷静になっても、まだ赤ちゃんのエコー写真が送られてきた理由は思いついていないようですが……

出社すると美香宛に電話がかかってきます。

しかし、美香が電話に出た途端に切れてしまうのでした。

いたずら電話でしょうか?

かけてきた相手は取り次いだ人によると「ヒロセカナタ」と名乗ったそうです。

偽名っぽい名前ですが……

これもひなたが美香を追い詰めるための行動であれば、何かしらの意味がありそうです。

美香は「ヒロセカナタ」という名前に聞き覚えがありませんでした。

「顔を見れば思い出すかも。」

と思い、

「ヒロセカナタ」

でSNSを検索してみます。

そして、あるページで美香の指は止まりました。

意味があった、つまりいたずら電話の主はやはり……

その頃、美香の彼氏である桜井はある女性と一緒にいました。

それはひなただったのです。

彼氏に依存している美香への復讐はやはり、彼氏に近づくのが一番効くでしょうね。

桜井とひなたが一緒にいるのは、車で事故を起こしたからでした。

そして、事故の際にひなたが手を怪我したので、そのフォローのために桜井は一緒にいるのです。

手の怪我は、そういう事だったのですね……

しかし、何がひなたをそこまでさせるのでしょうか?

桜井はひなたの部屋に上がります。

下心があるわけではなく、純粋にひなたの手助けのためです。

そのため、桜井はギコちなくひなたの部屋に入るのでした。

桜井がひなたを微笑ましく見つめます。

まあ、美香が普段わめいている分、大人しいひなたは心和むのでしょう。

そんな時、桜井のスマホにメッセージが届きます。

美香からで、内容は「どこにいるの!?」と粘着質な物でした。

しかも、大量に送ってきています。

典型的な束縛するタイプですね。

桜井は溜息をつきながら美香のメッセージを眺めてスマホを操作していました。

しかし、美香から電話がかかってきて、うっかり操作をミスってとってしまいました。

美香がこれをさせるために、意図的にメッセージを大量に送っていたら大したものですが……

さすがにそこまで策略家ではないでしょう。

電話に出ると美香は「あの女と一緒にいるんでしょ!?」と言い出します。

桜井は事故のことを美香に話していなかったので不思議に思いました。

話していないのに事故の事、ひなたの事を知っていたら美香は男から見るとかなり恐怖の存在ですね。

美香の言う「あの女」とはひなたの事ではありませんでした。

「広瀬 かなた」の話だったのです。

ヒロセカナタはやはり、知り合いにいたのですね。

そして、かつて美香が桜井を奪ったのは……

しかし、美香の話では桜井が二股をかけていたようです。

人の彼氏を奪い取った、という表現は完全に間違ってはいませんが、美香の方だけに落ち度があったわけではなさそうです。

美香は嫌がらせが、かなたからだと信じ込んでいます。

実際にはひなたからの嫌がらせなのですが、かなた関係なので間違ってはいないでしょう。

かなたとひなた、一体どのような関係なのでしょうか?

美香と桜井は言い争いになり、電話を切ります。

桜井が大きく溜息をついた瞬間に、ひなたの手が桜井に伸びて行くのでした……

疲れ切った桜井は、ひなたの思い通りになるのか?

というところで4話に続きます。

 

RISKY復讐は罪の味(漫画)4話のネタバレ感想

ひなたは桜井の手を握りしめます。

突然の行動に桜井は、うろたえました。

うろたえた、と言う事は本当に、下心なしにひなたの部屋に来た証明になるでしょうか。

美香と違って、桜井の誠実さがにじみ出ているかもしれません。

まあ、美香も桜井に対して不誠実な事をしているわけではないですが……

束縛が強いだけですね。

うろたえる桜井に、ひなたはワインを差し出しました。

ひなたの優しさに感謝し、桜井はワインを一気に飲み干します。

ひなたの事情を知ってると、何か盛っているような気がしますが……

お酒を飲みながらひなたは、桜井の様子がおかしいと聞きました。

まあ、美香に喚かれれば、誰だって冷静ではいられなくなりますよね……

しかし、桜井が気にとめているのは美香への不満ではありません。

「ちょっと、ある人のことを思い出してね。もう、どうしようもないのに。」

と桜井は目を覆いながら言います。

美香が、かなたの名前を出した事で傷ついているのでした。

逆に言えば、せっかく忘れていた昔の女の事を美香が思い出させたのではないのでしょうか?

余計な事をした美香ですが、美香の方はいたずらで切羽詰まっているから仕方なかったのかもしれません。

かなたは、

「あたしも……忘れられない人がいるんです。とても大切な人。」

と言いました。

共通の辛い過去があると、共感を得ますからね。

最も、これはひなたの策略ではなく、本当の話に思えます。

それどころか、桜井とひなたの語る人物も同じ……

そして、ひなたは桜井の手を握り、

「こういう気持ち、どうしたら良いんでしょうか?」

と言います。

慰め合いの誘いですね。

やはり、ひなたはハニートラップが狙いでしたか。

とても自然なので男なら誰でも騙されそうですが。

桜井はそれでも「俺には彼女が……」と答えます。

あんな彼女でも桜井の誠実さは崩れませんね。

とはいえ、タイミングが悪かったです。

何しろ、悪い思い出、彼女への不満、お酒、魅力的な女性からの誘いと、浮気したくなる条件が揃っていますから。

結局、桜井はひなたに誘われるまま、浮気してしまうのでした。

その頃、美香は電話を切った桜井にイライラしていました。

結果的に美香の「浮気している。」という予想が現実になってしまいましたね。

最後のひと押しは美香が押したように思えますが……

美香は桜井を探しに家を出ようとします。

その時、部屋に妙な物がある事に気付きました。

それは今朝、ゴミに出したはずの赤ん坊のエコー写真だったのです。

ひなたは桜井をハニートラップにかける合間にも美香へのいたずらを忘れていなかったようですね。

しかし、どうやって部屋に入ったのでしょうか?

その答えは部屋の風通しが良い事にありました。

窓が開いて、カーテンがなびいていたのです。

しかし、ここって1階ではなかったですよね?

ひなたはロッククライミングまでやりますか……

カーテンの裏の窓には手の跡がビッシリと付いていました。

美香はその光景に悲鳴をあげます。

人間離れした不法侵入といい、ひなたがやったというよりも、かなたの怨霊がやったという方がしっくりくる光景ですね。

最も、かなたの生死は不明なのですが。

そして、桜井はひなたを抱きながら「かなた……」と呟きました。

それを聞いてひなたは桜井に聞こえないように「気安く呼ぶな。」と呟くのです。

ひなたの復讐の対象は桜井も入っているのでしょうか?

復讐の包囲網に美香がはまった印象のところで、5話に続きます。

 

まとめ

『RISKY(リスキー)復讐は罪の味』の3話~4話のネタバレ感想についてまとめました。

実際に漫画で読みたい方は、下記の「めちゃコミック」から読むことが出来ます。

『RISKY(リスキー)復讐は罪の味』をめちゃコミックで読む→めちゃコミック

また、5話と6話の展開が気になる方は、下記の記事でまとめましたので、続きをご覧ください。

5話と6話を今すぐ読む→RISKY復讐は罪の味(漫画)5話と6話のネタバレ感想はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です