夢印(漫画)1巻あらすじとネタバレ感想!漫画村やzipで無料読み出来る?


『夢印』を読んだのであらすじ・ネタバレ感想を書いていきたいと思います。

また、『夢印』が漫画村やzipやrarで読めるのか?についても後ほど紹介しましょう。

 

夢印(漫画)のあらすじ

舞台はフランスのパリです。

かすみは両親と3人家族で暮らしていました。

しかし、今は父親と二人きりです。

かつて父親は貧乏な町工場の経営者でした。

しかし、経営は上手くいっていなかったのです。

そんな時、母親が福引で豪華客船(ビバリー・ダンカン号)のチケットを当てます。

そして、それと同時に母親は失踪してしまうのでした。

周囲の人は不倫・駆け落ちではないかと陰口を叩きます。

その上、父親は次期アメリカ大統領候補と呼ばれるビバリー・ダンカンのグッズ発注で事業を失敗してしまうのでした。

絶望した父親はかすみと心中しようか考えてしまいます。

そんな時に、父親はカラスの足に括りつけられたメモを見つけました。

メモには「夢印」と文字が書かれており、合わせて3本の長方形が並んだ絵が描かれていました。

 

夢印(漫画)のネタバレ感想

父親は不思議なメモをつけたカラスを追いかけていきます。

曰く、「青い鳥のいい知らせ!」との事です。

……周囲の人やかすみも突っ込んでいますが、青ではなく不吉な黒のカラスなのですが。

心中を考えていたぐらいですから、病んでいても仕方ありませんね。

カラスを追いかけて、その父親を追いかけた、かすみがついたのは「仏研」と書かれた建物です。

フランスのパリが舞台の話で仏という東洋の言葉を目にする事になるとは意外ですね……

建物につくと「ハイルザンス。」とカラスは言葉を喋りました。

父親がおかしくなっていたわけではなく、実際に不思議な事が起きていたようですね。

最も、父親が期待するような「いい知らせ。」の雰囲気が皆無ですが……

かすみが止めるのも聞かずに父親は建物の中に入っていきます。

建物の中には「夢印」の印と同じ物を持つ男……出っ歯の男が座っていました。

男は「私には夢がない……」と嘆く父親に「夢がないって言ったざんすか?」と話し始めます。

出っ歯でざんす口調の男……有名な漫画「おそ松くん」の登場キャラクター、イヤミを思い出す……というか本人っぽいですよね。

作者の浦沢直樹先生といえば「PLUTO」で鉄腕アトムを題材に漫画を描いた事が有名です。

今回は「おそ松くん」もしくは赤塚不二夫作品を題材にした物語なのでしょうか?

期待を膨らませた所で、物語は2話に続きます。

 

夢印は漫画村やzipやrarで読めるのか?

漫画、夢印は漫画村で読むことは出来るのでしょうか?

最近、漫画村をチェックしてみると、以下のような画面が表示され、漫画村が見れなくなっていました。

どうやら、完全にサイトが閉鎖されてしまったようです。

では、まんがを無料読みする方法はあるのでしょうか?

調べてみましたが、zipもrarも両方アップロードされていませんでした。

つまり、現時点では無料で読む事はできないようです。

購入するのであれば、Amazonや楽天で可能になっております。

続きが気になる方は、Amazonや楽天で購入してご覧ください。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

夢印 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕) [ 浦沢 直樹 ]
価格:842円(税込、送料無料) (2018/8/6時点)

 

また、電子書籍で漫画を読むなら、最もお得に読める「FOD」もオススメです。

「夢印」は現時点では残念ながらFODで読む事はできません。

しかし、電子書籍を読めるサービスの中で、どこよりも安く読むことが出来ます。

詳しくは、下記よりご確認ください。

FODの詳細はこちら→FODでどこよりも漫画を安く読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です