中村獅童 肺腺癌の原因とは?現在の様子を金スマで公開

歌舞伎役者の中村獅童が、1月5日放送の金スマに出演します。

中村獅童といえば、2017年5月20日に肺腺癌だったことを告白したことで話題になりましたよね。

それから新年明けて2018年の1月5日現在、肺腺癌はその後どうなっているのか

その他、中村獅童は昨年、怒涛の1年だったことを明かします。

詳しくは金スマを見て頂きたいのですが、ではなぜ、中村獅童は肺腺癌になってしまったのか?

そして、肺腺癌になってしまった原因や、現在は大丈夫なのか?についてお伝えしていこうと思います。

 

【スポンサーリンク】

 

中村獅童 肺腺癌発覚時のステージはどうだった?

中村獅童はそもそも、なぜ肺腺癌を発症していることが分かったのでしょうか?

中村獅童は、人間ドックを定期的に受けていたみたいですが、いつものように人間ドックを受けた時に、実は肺腺癌だったことが分かったそうです。

肺腺癌が見つかったのがあまりにも早かったため、当時は「奇跡的な早期発見」と言われていました。

そんな初期の段階でがんを発見出来るのも、凄いですよね。

人間ドックを受けるタイミングが本当に良かったと言えるでしょう。

ちなみに、肺腺癌のステージは「ステージ1A」だったそうです。

ステージの中でも、最も低いみたいですね。

このことも、金スマでは語られると思います。

 

中村獅童 肺腺癌の原因とは?

では、中村獅童が肺腺癌になってしまった原因は何だったのでしょうか?

中村獅童は昔、タバコを吸っていたみたいです。

なので、タバコが原因かと思われましたが、タバコ自体はガンになる結構前からやめていた、と。

そして肺腺癌は、タバコだけが原因でないこと、タバコを一切吸わない人でも多く発症するということ。

また、中村獅童の肺腺癌は、タバコとの関係性が薄かったと言われていたこともあり、タバコは少しは関係あるかもしれませんが、それが原因とは言い難いでしょう。

では、原因は何だったのか?

原因は様々なので一概には言えませんが、中村獅童の父は「胃がん」で亡くなっていることが分かっています。

つまり、ガン家系ですね。

ガン家系の場合、将来自分もガンになる可能性が高いので、それが一番の原因ではないか?

と思っています。

今回は肺腺癌でしたが、父は胃癌で亡くなっているので、今後は胃癌に気を付けて生活しておいた方が良いかもしれませんね。

 

【スポンサーリンク】

金スマで中村獅童の現在の様子が語られる

肺腺癌も発症し、そして何やら新たな命が誕生したことなど、凄く変化のあった2017年であることを、金スマで告白するみたいです。

「肺腺癌からの復活」ということだったので、恐らく手術で完治し、現在どこにも転移していない状況なのだと思います。

そして、新しい命の誕生というのも気になりますね。

詳しくは、是非金スマをご覧頂ければと思います。

※これに関しては、追記できれば追記していこうと思います。

 

まとめ

中村獅童がかなり初期の肺腺癌であったこと。

定期的に受けている人間ドックによって、かなり初期の段階で発見できたこと。

現在は手術により、肺腺癌からの復活を遂げたことが分かりました。

金スマでは、その時の心境や、新たな命について詳しく語られると思うので、詳細は是非金スマを見て楽しんでいただければと思います。

 

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です