平昌オリンピックに北朝鮮が参加 テロや戦争を起こす危険性はある?

いよいよ、平昌オリンピックが始まりましたね。

しかし、平昌オリンピックに北朝鮮が参加するという、不穏な事が起こっています。

関連記事:平昌オリンピック なぜ北朝鮮参加を韓国は許したのか?皆の反応は?

ここでは北朝鮮が平昌オリンピックに参加する事で戦争やテロが起きないか、考察していきましょう。

 

【スポンサーリンク】

平昌オリンピックに参加する北朝鮮

北朝鮮が平昌オリンピックに参加するとは、意外でしたね。

韓国、平昌は北朝鮮から見れば敵国の地ですから……

それでも参加したのは米韓合同演習を止めたかったからではないかという推察もあるようですね。

何にせよ、北朝鮮のこれまでの外交態度から、「オリンピックに関しては平和的に参加した。」と楽観視するのは危険かもしれません。

 

テロや戦争を起こす危険性はあるの?

実は北朝鮮はオリンピックを妨害した前科があります。

それはソウルオリンピックの前年、1987年に起きた大韓航空機爆破事件です。

この事件は北朝鮮の工作員が航空機を爆破し、他国が韓国を批判してソウルオリンピックをボイコットする事を狙ったのでした。

実行犯も捕まり、韓国が加害者ではなく被害者だと判明したので実際には妨害にはならなかったものの、115人もの犠牲者を出してしまいました。

この事件から平昌オリンピックでも、韓国側は北朝鮮のテロを警戒していたようですね。

しかし、平昌オリンピックでは大韓航空機爆破事件のようなテロはおきませんでした。

では、開催中に起きる可能性はあるのでしょうか?

北朝鮮も参加している今回の平昌オリンピックを止める理由はなさそうですよね……

1987年では北朝鮮の総書記も2代も前の頃の話ですし。

最も、楽観的に考えているところを狙われる可能性も否定はできませんが……

 

【スポンサーリンク】

 

平昌オリンピックを生観戦する場合に気を付けておきたいこと

平昌オリンピックに北朝鮮が参加している以上、生観戦に行った場合はテロに巻き込まれる可能性を考慮して行かなければなりません。

テロに巻き込まれないようにするには、常に平昌付近でのニュースに気を配り、事件が起きた場所には近づかないように心がけましょう。

また、オリンピック会場などの人が集まる場所は特に狙われます。

非常口やそこまでの経路の確認は必ず行って下さい。

また、テロはパニックになった人同士の衝突による2次被害も狙っていますので、爆発音がしたら落ち着いて冷静に行動をするようにしましょう。

 

まとめ

平昌オリンピックでの北朝鮮によるテロの可能性や気を付ける点をまとめました

華やかな祭典である、平昌オリンピックにも不穏な影がありますね。

平昌オリンピックを生観戦する人は充分に注意して行ってください。

 

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です