西舘勇陽のプロフィール!ドラフト候補と話題に!出身中学や彼女について

2018年選抜高校野球に出場する西舘勇陽投手がドラフト指名候補確実と言われ、話題になっています。

そこでここでは、西舘勇陽選手のプロフィールについてまとめていきましょう。

また、西舘勇陽投手の出身中学や彼女がいるかどうかについても書いていきたいと思います。

 

【スポンサーリンク】

 

西舘勇陽の画像付きプロフィール

以下より、西舘勇陽のプロフィールを画像付きでご紹介致します。

 

西舘勇陽投手

引用:http://www.xn--8wv97xz6xo7h.online/

西舘勇陽投手は花巻東高の投手です。

出身は岩手県一戸町になります。

投打は右投げ右打ちです。

身長は184cm、体重は76kgになります

1年の夏から控え選手としてベンチ入りしました。

そして1年の秋の岩手県大会からリリーフとして公式戦の試合に初出場します。

岩手県大会では3試合8回2失点という結果を残しました。

次の東北大会では4試合中3試合に登板し、防御率1.33の好成績で東北大会準優勝にチームを導いたのです。

 

西舘勇陽が2019年ドラフト候補と話題に!

西舘勇陽投手は1年の夏からベンチ入りをはたしました。

花巻東高の1年での登板は、西武の菊池雄星投手とエンゼルスの大谷翔平投手以来の事で、この3人以外にはいません。

さらに、西舘勇陽選手の背番号は、西武の菊池雄星投手とエンゼルスの大谷翔平投手が高校時代につけていた17番です。

花巻東高の17番は特別な物になっています。

当時、1年生であった西武の菊池雄星投手が2007年に17番の背番号を背負って甲子園を沸かせました。

このため、花巻東高の佐々木洋監督は、将来のエース候補に17番の背番号を付けるようになったのです。

また、西舘勇陽投手は高校入学時のストレート最高速度が127km/hでした。

しかし、現在は142km/hと大幅に伸びています。

ストレートの速度だけでなく、スライダー、カーブ、スプリットなどの変化球も投げられる、コントロールの良さもあるのです。

これらの評判から、卒業後のドラフト候補確実と西舘勇陽投手は言われています。

 

【スポンサーリンク】

 

西舘勇陽の出身中学について

西舘勇陽投手は一戸町立一戸中学校を卒業しています。

中学時代は軟式野球部に所属していたようです。

 

西舘勇陽に彼女はいるの?

西舘勇陽投手に彼女がいるかどうかは公表されていません。

比較される大谷翔平投手は高校時代に彼女を作らず、野球に専念していたそうですね。

同じように西舘勇陽投手も彼女を作らずに野球に専念しているのではないでしょうか。

 

まとめ

西舘勇陽投手のプロフィールについてまとめました。

試合での西舘勇陽投手の活躍に期待したいですね。

 

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です