高校野球タイブレーク制度導入とは?ルールを分かりやすく解説!反対の声も…

2018年春の選抜高校野球から、延長戦にタイブレーク制度が導入されます。

そこでここでは、タイブレーク制度とはどのようなルールなのかについて解説していきましょう。

 

【スポンサーリンク】

 

高校野球で導入されたタイブレーク制度とは?

タイブレーク制度とは時間制限のない競技で早期決着を付けるためのルールです。

時間制限のないとは、野球では同点のまま延長戦に突入する事ですね。

この延長戦の回数を減らす事で選手の肉体への負担を減らす事がこの制度の最大の目的です。

特に高校生のうちに肉体を酷使しすぎてしまうと、後々の野球人生を歩めなくなる可能性があります。

それを避けるためにタイブレーク制度を導入する事は、以前から論議されていました。

そして、2018年に遂にタイブレーク制度の導入が決定したのです。

 

高校野球のタイブレーク制度のルールを分かりやすく解説!何が違うの?

タイブレーク制度は延長戦になると、ランナーをすでに置いた状態で始めるルールです。

これにより、延長戦以降は点数の入りが通常の回よりも促進されます。

高校野球のタイブレーク制度のルールでは延長の13回目からランナーを置く事になるのです。

ただし、すでにタイブレーク制度を先行して導入していた外国の試合では大会によっては、必ずしも延長13回からという訳ではありません。

さらに、甲子園以外の高校野球ですでにタイブレーク制度を導入している大会もありますが、延長13回からではないのです。

例としてあげれば国体は延長10回から、タイブレーク制度のルールが適応されます。

そのため、延長13回からタイブレーク制度というルールは今後も変わる事が予想できますね。

ちなみにこれまでの甲子園の高校野球では延長は15回までと規定されていました。

しかし、タイブレーク制度の導入でその必要はないと判断され、延長は実質無制限となっています。

 

【スポンサーリンク】

 

高校野球のタイブレーク制度には反対の声も…

タイブレーク制度は選手の肉体への負担を軽くするというメリットがあります。

しかしその一方で、反対の声も多いです。

反対の理由としては高校野球の記録がこれまでと違って扱いづらくなるのではないか、というものです。

タイブレーク制度に突入した場合、投手は自分で背負ったわけではないランナーを抱える事になってしまいます。

この状況での点を取られたかどうかという記録が、これまでの記録と比較した時に不公平になってしまう訳です。

高校野球は記録もドラマ性がありますからね。

 

タイブレーク制度について個人的な感想

タイブレークにはメリット・デメリットがある事は分かりました。

個人的にはメリットの方が魅力的に感じますね。

確かに、記録の比較ができなくなるのはつまらない物があります。

しかし、それ以上に選手の肉体的負担を減らしてあげる事の方が重要なのではないでしょうか?

 

まとめ

高校野球のタイブレーク制度についてまとめました。

皆さんは賛成?反対?どちらでしょうか?

是非コメントで意見して頂けると嬉しいです!

 

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です